menu

 
 

福島衣織「ハタチ」

image1_10.JPG image2_9.JPG image6.JPG image7.JPG image4_5.JPG image5_3.JPG image10.JPG image9.JPG

2015ねん10がつ27にち。
&M stageで歌を歌った。モデルとしてショーにも参加した。ラストティーンのステージでした。

ショーも歌もとても緊張した。前日は緊張で眠れなかった。

人の前に立つのに前日眠れなくなるほど緊張したのは初めてだった。

やっと人の前に立つことについて理解したのかもしれない。

 

2015ねん10がつ29にち。

ハタチになった。
髪の毛を黒くした。
もう20年も生きた。
お父さんとお母さんとご飯をたべて。
おじいちゃんのお墓まいりをして。
怒涛の中学生活を終わらせ。
高校はパラダイスだった。
友達ができた。
頑張って生きてよかったと思った。

 

2015ねん11がつ1たち。
前撮りをした。おばあちゃんの帯におばあちゃんが買ってくれた着物。

小さい頃からおばあちゃんと約束してた、成人になって着物姿を見せる。を達成した。

 

2015ねん11がつ6にち。
20という数字の重みに耐え切れずハタチ9日目にして突然病み狂う。
20年間を振り返った。たくさんの人に支えてもらった。人に何かを求めることを諦めていたけど、

振り返れば自分のことを好きだとわかる人間にはとことん甘えて生きてきた。

お父さんお母さん、いおりのことを好きな友達。
20で節目だからってえげつないプレゼントをたくさんもらった。

こんなプレゼントをしてもらえるくらいちゃんと伝わってるんだな、人間関係うまく築けてたんだなって安心した。
でも明らかに何かが欠落している気がした。
いおりは例えば風船だとする。つかみどころがないって言われるから。

だから浮いてどっかに行っちゃわないように周りを固めてくれる人たちがたくさんいる。

だから今いおりは生きてる。ただ、どんなに周りを囲んで箱に入れてくれても。

風船だから中にでっかい空洞がある。
いおりはたぶん自分でも気づかないくらいのでかい空洞があって、

何かがあきらかに欠落している。そんなことを考えながら自分の写真をみていたら心も頭も空っぽの風船人間に見えてきた。
でもパズルって周りから攻めるよね。

20年間でいおりは周りを固められた。周りを固めてくれた人たちへ、ありがとう。
あとは自分で中身を埋めるだけだ。

 

2015ねん11がつ7にち。
自分探しの旅に出る。公園で空を見上げながらプレイリストをシャッフルでひたすら聴いていた。
ハリソンフォードがなんなのか知った。

「止まり木にあのハリソンフォード私たちはすごいラッキーガール」ってすこく深い歌詞だなと思った。
Beach BoysのALL SUMMER LONGの出だしのたんたたんたたんたたんたってところと

Cyndi LauperのHole In My Heartの出だしのたららららんってところが好きだ。

やっぱり何事も初めの印象が大事。初めの一瞬で心を奪わないとだめなんだと思った。
Pet Shop BoysのNew York City Boysの日本語訳を調べた。自分に足りない何かがわかった気がした。
雨が降ってきた。雨に濡れながら帰った。

MadonnaのCrazy For Youがかかった。自分に足りない感情だなと思った。

 

2015ねん11がつ8にち。
いままでの成果をみせるオーディションの日だ。

どうなるかな。また緊張で眠れないかな。

おやすみべいびー。iPhoneから送信