menu

 
 

世界一周で学んだことは、今を大切に生きること!

こんにちは。AVILLASTAGE 所属の川崎愛美(かわさきまなみ)です。

太陽みたいに笑うので、SUN(さん)って呼ばれています。

東京も秋が一段と深まり、寒さがしみる時節となりましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか≫

アヴィラステージではいよいよレベルチェックテストの時期がやってきました。

11月と5月に、所属生の習熟度をみるために行われ、

1分半のパフォーマンスの内容は自分で考えて個々人で作り上げます。

私も今回が初めて受けるので、とっても楽しみです。

東京に来てから、よく聞かれる2つの質問があります。

1、どうして世界一周をしたの?

2、世界一周で何を得たの?

今回のレベルチャックでの自己紹介でも考えていることなので、

ここに改めて書かせていただきますね。

1、どうして世界一周をしたの?

ずっと詩や絵を描いているのですが、「何を表現するべきなのだろうか」とずっと考えていました。路上で絵を描いたり、人にプレゼントしたりし続け、「絵で生きていく」という感覚はつかめましたが、人生を賭ける、自分にしかできないものを見つけたい、という思いが常にありました。

18歳で大学に入って、夏休みにアメリカのボストンに1
か月留学した時に、「自分の知らないものがこの世界にはまだまだいっぱいあるぞ」、ということに気づき、とってもわくわくしました。帰国して、自分が今求めているものは、旅の中にあるという思いが日に日に強くなり、アルバイトでお金を貯めて、モロッコ在住の人と知り合ったのをきっかけに、旅に出ました。

2、世界一周で何を得たの?

一生分の喜怒哀楽を味わいました。

一生分の美しい朝日と夕陽を見ました。

一生分のおいしい新鮮な果実、見たことのない料理に出会いました。

人や動物が生まれる時と死ぬ時に出会いました。

人が祈り、日々を想う瞬間に出会いました。

絵やマッサージが得意だと思っていたけれども、

外国語がすぐ習得できたり、1回歩いた道をすぐ覚えることが出来たり、

歌って踊っておどけて、人と喜びを分かち合えたり、

自分が出来る事はたくさんあるんだと気が付くことができました。

また、日本語がもっと好きになり、ラジオ番組、朗読、などで

表現することを一生の仕事にしたいと思いました。

一瞬の人生だから、

今出会えた人との時間を大切に、

日々いきいきと過ごしたいと思っています。

こんなことに、人生の早いうちに気づかせていただいたことに日々感謝しております。

今日も良い一日を祈っています。

AVILLASTAGE 所属

SUN(さん)より。

~お便りはこちらへ~

東京都港区東新橋2-18–2 グラディート汐留2F

AVILLASTAGE 内 川崎 愛美 宛