menu

 
 

あけましておめでとうございます!→今回は江戸のお正月について!

IMG_8720.JPG

こんにちは。AVILLA 所属の川崎愛美です。

太陽みたいに笑うので、SUN(さん)って呼ばれています。

旧年中は大変お世話になりました。

謹んで新年の喜びを述べさせていただきます。

松の内を過ぎてしまいましたが、お正月は1月15日までと言われているので、

ご容赦頂けましたら嬉しいです。

今年のお正月は杉浦日向子の『お江戸風流さんぽ道』を読破しました。

彼女の著作は大好きで、ほぼすべて家にそろっています。

この本の冒頭は江戸のお正月の過ごし方から始まります。

江戸っ子の正しい正月は寝正月。

全ての人が何もしない、優雅な気持ちを味わう特別な機会でした。

一番忙しいのが武家。

年始参りは上司への忠誠を見せるために欠かせないことでした。

お正月には歳神様という、この時だけ降臨する神様がおり、

長屋の全戸に対して1本の笹で出来た松飾りを飾り、全員でここに神様が下りてくださるよう祈ったとか。

江戸っ子は笹が揺れるサラサラという音で、お正月を感じたそうです。

面白いですよね。

浮世絵の翻訳の仕事をしてから、江戸文化には興味津々です。

写真は愛知県で武将の格好をしたときの写真です☆

本年も何卒よろしくお願い致します!

今日も良い一日を祈っています(*^^*)

AVILLASTAGE 所属

SUN(さん)より。

~お便りはこちらへ~

東京都港区東新橋2-18–2 グラディート汐留2F

AVILLASTAGE 内 川崎愛美 宛