menu

 
 

レベルチェックオーディションを終えて

AVILA STAGEの鈴木頼太です。
12月に入りました。1年過ぎるのは早いですね。

昨日レベルチェックオーディションを受けました。オーディションそのものは他社で何回か受けたことはありますが、こちらでのレベルチェックは初めてです。

僕はパフォーマンスにオリジナル曲の歌を歌いました♪
特に緊張はせずに、自分はこういうことをやっていますよという感じの自己紹介みたいな感じでパフォーマンスしました。
ただ、演技に関してはまだまだ未熟なところはあると反省しています。

さて、他のオーディション参加者を見てきましたが、客観的に見て、「なかなかいいなぁ」と思った方もいましたが、緊張しているせいか、ガチガチで何を言いたいのか分からない人。オーディションの対策をしていない人。結構見受けられました。事務所に入っての説明会で説明を受けているはずなのに、お話にならないと感じました。

また、審査員の方からの全体的な寸評で「審査が終わった後、何人かの人がヘラヘラして笑ったりしていたのが気になった。芸能の世界は甘いものではない。」と厳しいお言葉もありました。
確かにおっしゃる通りだと僕も思いました。

何のためのオーディションか、今後自分はどうでありたいかのビジョンを持って望んで欲しいと思います。
もちろん、僕も半年後のレベルチェックオーディションには成長した自分をありのまま見ていただけるように頑張ります!