menu

 
 

痛みが私を成長させてくれる~5月のレベルチェックを終 えて~

こんにちは。北海道出身のまな蜜柑です。

ブロガー、フリーライター、整体師、ラインライブでユーチューバーみたいなことをしています。

今日は一年ぶり2回目のレベルチェックでした。女子のレベルチェック初日で、審査員の方々もすっごく丁寧に講評して下さり、仲間の雰囲気も良く、恵まれていた機会だと思います。

それだけに、痛感したのが「準備不足」。

「努力不足」と言われても反論できないし、神品プロデューサーからも講評を頂けない、この状況に、ドMの私も痛みを感じました。

ああ、この痛み、何のために芸能事務所に入ったんだ?もっと仕事がしたいんじゃないのか?何でこの機会にもっと頑張らないんだビシィ!と私の頬に鞭が当たるわけです。

ああっごめんなさい、どうか許して下さい、次は、次こそは、、、

そう後悔するならどうしてもっと準備しなかったんだ!100回練習しろって言われてただろうが!

ビシィ!

表に出して、やっぱ大根ですね、良い作品なのに残念です、じゃクリエイターとして悲しいだろうがぁ!バシィ!

ああっ痛い、、、

諸々、後の祭りなのですが、これからレベルチェックを受ける皆様と未来の私へのメッセージとして、ここに残します。

☆痛みは自分が出来そうなことが出来なかった時に発生する☆

今までの人生で、英語等10カ国語が出来て、愛想が良くて、文章がうまくて、機転が利いて、臨機応変に対応が出来る、,,

そういった理由で、仕事には事欠かなかった訳なのですが、自分なりにめっちゃ努力してきました。だって、自分の好きな仕事、したいもの!

例えば、逆上がりが出来なかったとき、他の子が出来て、嬉しそうにしているのを見て、なにくそー!と思ったとき。

例えば、高校の文芸部の俳句甲子園や卓球大会。勝てそうな試合に勝てなかったとき、もっと練習しておけば絶対勝てたのに、と思ったとき。

これは、出来るはずと自分が思っているから、生じる痛み。出来るはずのことなら、努力すればその能力は獲得できるんだ。

次この感情を味わうことのないために、努力しよう。改善しよう。諦めない心。痛みにくじけない強さ。

芸能の仕事を本気でしたいのならば、この所内オーディションでもっと完成度の高いパフォーマンスを見せ、プロの仕事の要請に応えられる姿勢を見せるべきだと思いました。

くーやーしーいけれど、これが今の私です。

上を向いて、努力していきます。

もっともっと事務所のレッスンと、外部のレッスンを受け、人にお見せできるパフォーマンスが出来るよう、技術を磨いて行きたいと思います。

審査員の皆様、スタッフの皆様、本日は有難うございました!

以下、1分間で話そうと思っていた、自己紹介を改めて記します。

☆趣味は卓球(歴25年)、特技は文章を書くことで、シナリオの勉強もしています。
今は婚活パーティーの仕事と、フリーライターとして浮世絵の春画の解説や、アダルトグッズやマッチングアプリの記事などを書いています。
歌うこと、踊ることが好きでアフリカ大陸のモロッコに住んでいました。
芸能事務所に入ったきっかけは農家の嫁に行こうとしたら義理の兄がでんぱ組のPVを作っていて、人生にやりのこしたことがあると気がついたからです。
勉強が大好きで、慶應大学と、調理師の学校に通いながら保育師の資格も取ろうとしています。
大学の勉強があったので1年ほど休所していましたが、
無事卒業できそうなので復帰しました。
上京して2年ほどですが、今週末のitガールズのチケットが即完売し、多くの方に応援して頂けるようになったのを感じ、とても嬉しく思います。

今後とも、各社の作品制作に携わる方々、視聴者の皆様のご期待に添えるよう精進して参ります。

引き続き、何卒、宜しくお願いいたします。

大安吉日!まな蜜柑より。