menu

 
 

松永祐美 記事投稿について

こんにちは。祐美です。
ここにもたくさん私の書いた記事が増えてきて嬉しいです。多分読んでても分かると思うんですが、私は歌うこと以外にも書くことがとても好きなんです。書いて読み返すとすっきりするという感じです。
幼稚園ぐらいの時でしょうか。母親が一冊のノートを私に渡してきて、日記をつけるように言いました。そして、ただ何をしたか書くだけでなく、そこに自分の気持ちだとか感想を書くようにと。
書くことを早いうちから覚えた私は、学校で課される感想文などは何の苦もなくすらーっと書き終え、むしろ夏休みの日記は先生を困らせるぐらい、たくさん日記を書きました。あまり私に感情を表に出さない母親も先生のチェックが入った、そんな私の日記をどこか嬉しそうに読んでいました。
スマホが無い時代だったこともあり、学生時代は、読書はけっこうしました。自分のことを書くのも好きでしたが、人のエッセイを読むのも好きでした。その人がどんな思いで、どんな生き様で、人生経験を積んできたか。面白いですよね。
文学っぽいのだと井上靖さんのしろばんばは一番感動した本でした。芸能人だと、皆さん読まれていると思いますが、ダウンタウンの松本さんの本は学生時代たくさん読んでいて楽しかったです。
表現の自由はいいけど、何書いてもいいってものでも無いのは自分でも気をつけています。あと場を使い分けることがSNSでも求められますよね。
読む方の側を考えない文、あるいは自他ともに書いて損するような文は駄目だと戒めながら、今後も記事をたくさん書いていきたいので、今後ともよろしくお願い致します。