menu

 
 

偶然か必然か…JJ

「世の中には偶然というものは無い。全ては必然である。」「偶然というものはある。時には偶然が重なる事もある。」時々こんな感じの討論というか議論をきいたりする事がありませんか。JJは基本的にはどっちも有りという立ち位置なのですが、今日ふとそれを改めて考える出来事がありました。と、言っても胡麻の1粒程度の事なのですが。
JJは毎月1回某所に通っています。その帰りに近くのショッピングセンターに寄ります。先月其処で見かけたサンダルがとても気に入ったのですが、お値段の方がフムムで買わずに終わりました。で、今日そこの前を通ったら何とその商品が70%引きになっていたので即購入。他のお店とか見てわたり昼食をとってから駅に向かい歩いていました。そしたら、何と履いていたサンダルが壊れてしまったのです。マズイと思った瞬間、「そうだ、さっき買ったサンダルがある。」と気付きその場で履き替えました。因みにサンダルの色と着ていたワンピースの色が完璧にマッチ。まるでコーディネートしたよう。
もしそのサンダルを買っていなかったらメチャクチャ困った事になっていただろうなと。そして、最初の必然それとも偶然という事を考えてしまう事になったのです。その時、頭に浮かんだのはニーチェの「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」そしてそこからは哲学モードになってしまった今日のJJであります。