menu

 
 

松永祐美 ボイトレだ

今日は5千円くらい本や雑誌買っちゃいました。ファッション誌のsteady久しぶりに買って、仕事の担当講座で使う脳トレの本、三冊。
あとボイトレの本を初めて買ってみました。そもそもカラオケで生きてきた私。ステージで歌うようになって2年くらい。ステージで歌い終わるとたまに演者にボイトレしないかと言われてたんです。なんかその度に、何とも言えず気まずい思いをしてたんですが、今思うことは。ボイトレをぜひすべきだと思います。
適当に歌うな。指摘されたことは言い訳をせず諦めずまず地道に直す努力をする。身体作りからはじめ、発声、音程、リズム感、歌詞を伝える力を身につける。
アヴィラは俳優やモデルさんのクラスもあり、いいなと思うんですが、歌も演じること、魅せることだと思っています。
歌って、1人でも完結できる物語を繰り返し魅せるもの。作曲したものに、ストーリーを盛り込んだ歌詞を練り込ませ、1人のキャラクターが物語を聞かせる。そして多くの場合、それは劇より短く、少人数で作られ、再生回数が多い。そう考えると、やりがいはとてもありますよね。
私はポジティブなんで、ボイトレしたらと言う言葉は、ボイトレしたらもっともっと素敵に歌える才能をあなたは持っているんだよって言ってくれたと受け取りたいと思っています。
いくつになっても歌っていたいから、楽しく笑っていたいから、仕事にカラオケに本探しに、ボイトレに、今日も私はフル活動です。脳トレ、好みの本三冊、川島先生の、買ったんで、しっかり予習しますよ笑。