menu

 
 

JJ 初めて台詞を頂きました。

ある現場で「皆が皆、同じリアクションをするわけではないから考えて下さい。」と言われました。その時、思い出したのがレッスンや他の現場で言われていた『通行人役でもキャラの設定をするように』という事です。若い子と二人で歩く時は親子、同世代だと夫婦、一人だと子供を迎えに行く等。そういった設定が動き/雰囲気に影響してくるのか単なる気休めなのかはJJ
にはわかりませんが。はじめの話に戻りますがそのシーンの超〜〜最最小レベルの状況は何度か経験していて、何故かいつも目の前にあるものを掴んでしまっていました。という事で、その現場では思いっきり前にあるものを掴んで見る事にしました。
そんなやこんなやで休息時間も終わり撮影ももうそろそろ終わりかなという時、監督さんから呼ばれて何人かでお芝居をしてもらいたいからと言ってそれこそ“一言セリフ”なるものを頂きました。一言、二言でしたがやっぱり嬉しいものですね。最終的には編集でカットされちゃう可能性大ですが、その日の現場はその台詞を頂いたという事だけでも行った甲斐がありました。