menu

 
 

JJ モノクロ写真

先日パスポートの更新をしに行きました。今まで更新はシカゴで2回、サンフランシスコで1回、デンバーで2回してきたので日本での更新は初めて。しっかりと更新方法をチェックしてから行きました。
写真はよくある証明写真機で。そこでカラー写真だけでなく白黒写真も撮れることを知り、なんか懐かしい気分になりモノクロで撮る事にしました。印刷されてきた写真を見てビックリ。カラー写真だとはっきりわかるほうれい線やシミ、小ジワがモノクロだと全くあらわれないということ。どう見ても実年齢マイナス10歳。10年前に撮ったパスポートの写真と比べてもどっちがどっちというレベル。カラーとモノクロではこんなに違うんだと。
で、ふと遺影のことが頭に浮かんできました。昔といっても明治以降ですが遺影はモノクロ。それをみて、皆んな結構早く亡くなったんだなと思っていたのですが、あの写真たちも実年齢マイナス10歳効果があったのかも。だったらそれなりの年齢で逝かれたという事になるなぁと。
遺影以外にも幕末の武士、明治期の偉人の写真を見て、こんなに若い時から頑張っていたのかと思っていたのですが、このマイナス10歳効果を考慮に入れれば妙に納得してしまいました。懐古趣味で撮ってみた白黒写真が全く違う分野での思わぬ再認識をもたらしてくれた事になりました。