menu

 
 

JJ 思索をする(1)

昨日は楽屋で本当に沢山の方と接する機会があり、今日はそれを振り返りづつ思索モードになっているJJであります。これからイレギュラーに「JJの思索」をブログに上げてみようかなと思っています。第一回目は「不屈の精神か諦め時が掴めないのか」です。
R-1に8年連続して1回戦敗退という方がいて正直ちょっとビックリ。これは何があっても芸人になりたいという事なのか…。フリーでライブに参加料を払い続けて出演という方もいらっしゃったり、また色々な方のブログを読んでいて明らかに引導を渡されているのにそれを理解できないのかまだまだ突き進もうとしている方達。これは不屈の精神の表れなのかそれとも諦めが悪いのか…。
「自分の人生、自分で決めろ」がモットーなJJ、当然「彼等の人生、彼等が決める」わけではありますが、余計なお世話で勝手に思索をしてしまっております。手が届きそうなゴールであれば不屈の精神は素晴らしい、夢に向かって邁進するのも良い。でもそのゴールなり夢が空の向こうなら「諦め時」を知るのも才能/能力の一つなのではと考えるJJがここにおります。
誰もがモーツァルト、ピカソ、ドフトエフスキーになれるわけではない。プロを目指すのか、趣味として続けて行くのか、はたまたバッサリとやめるのか。人生の分岐点での其々の選択。それが正しかったのかどうかは結局は死の寸前迄分からないのかもしれません。