menu

 
 

JJ 疑似体験

レベルチェックでの劇、講師の方々にその設定等を丁寧に説明して頂き理解出来ました。ただ理解した事と納得した事は別のもの。我ながら頭でっかちとは分かっているけどフムムの状態はそのまま。で、疑似体験をしてみました。
勿論、山小屋に行ったわけではありませんが、取り敢えず食料事情等を同じ様にしてみました。1日目は昼までは問題が無し。山小屋での夕食というか避難状況は手持ちのスナック菓子等で取り敢えずOK。2日目は先ず天候を見てガッカリ。若干の食べ物はあるだろうけどよくもっても昼まで。その後は寝るまで何にも無し。この時点で血糖値が下がっているからイライラ感が出てくる。
3日目は天候に変化が無いから鬱感なるものが出てくる。鬱の典型例は落ち込みですがベクトルの一つとして攻撃的になるという場合もあり。ここで一つ盲点だったのが3日間シャワーを浴びたりする事が出来なかったという事。髪もベタついてくるだろうしイライラが助長しても不思議ではない。体臭も狭い山小屋の中では鼻に付くだろうし疲労感もMAXになるでしょう。雰囲気ももやーというか重くなっている。そこでチョコレートが出てくる。
疑似体験をして良かった。やっと台本の設定状況なるものが本当の意味で理解出来たし納得しました。因みにこの3日で体重が1キロ減。実際の山小屋でこれを経験したら2〜3キロ減ですかね。