menu

 
 

大井将一 「孤狼の血を見て」

お久しぶりです!
大井 将一(おおい しょういち)です!
以前から気になっていた映画
「孤狼の血」を見てきました(^^)
昭和63年の広島・呉原の
警察と暴力団の話。
R-15ということで、
冒頭から目を覆いたくなるような
グロいシーンばかりでした(ㆀ˘・з・˘)
人が殴られ、蹴られ、刺され、撃たれの
連続だったのですが、
だからこそ役者さんの体当たりの演技が
本当にカッコよかったんです。
自分もいつか役として生き、
台詞を言えるように励みたいと
そう強く思いました(^-^)