menu

 
 

JJ これをすると嫌われる

JJがアメリカの大学で教授をしていた事をご存知の方々もおいでだと思いますが、学生達に目一杯嫌われた事が一つあります。それは学生が英語で書いてきたレポートを真っ赤になるほど校正をして返した事です。「日本人に英語を直された」と落ち込む学生多数。仕方ないじゃん。英語の文法めちゃくちゃなんだもん。有名大学ならともかく普通の大学のアメリカ人の1年生の英語力なんてそんなもんです。
日本でこれやったら嫌われるだろうなと思いつつもしてしまったのがアテレコの誤訳の指摘。表現の仕方は色々あるし、実際意訳は歓迎されるものなのですが流石にこれはと思ったのを指摘しちゃいました。本来なら「10日分の給料」となるところを「給料のうちの10ドル分」。これだと前後が繋がらないし明らかな誤訳。訳された方の名誉の為書き足しますが数字というのは思いの外難しい物です。まして早口で数字を次から次へと並べ立てられたら間違いは起こりやすいです。試しに九九を英語でしてみてください。想像以上に難しいですよ。