menu

 
 

伊藤琢史 京都「都をどり」

DSC_0172.JPG DSC_0159.JPG DSC_0178.JPG

今日は、京都の南座で「都をどり」を初めて観劇してきました。
耐震工事をしていたため、昨年11月に開場しました。新たな開場を記念して、祇園歌舞練場で行われる「都をどり」を今年は南座で開催されています。
祇園の芸妓さん舞妓さんが舞う舞台で、華やかさはもちろん、大勢での舞はピタリと揃い、この舞台ならではの見ごたえがあります。
芝居を習う中でも勉強になりますし、幼い頃から日本舞踊をしているので、色々な面で吸収すべきことばかりです。
また、舞踊の師匠があってこそ、芝居や歌の稽古の先生方の教えがよく分かることもあり、師匠や先生方への感謝の気持ちがわきます。
今、東京へ新幹線で向かっています。
また、明日からも頑張るぞ!