menu

 
 

昨日のニュース

「令和」という時代を前に祝福ムードの中、昨日はとてもショックな出来事が起きました。
フランスのノートルダム大聖堂の火災。
世界的に有名で、キリスト教徒にとっての救いの象徴。母のような存在。
私はキリスト教徒ではありませんが、人としても、芸能の面から見ても「救いや希望」、またその象徴である心の拠り所を失うことは、たいへんショックであります。
自分自身、どれだけ芸能の存在に心を救われてきたか。
それを思うと今回のことは、心がしめつけられるものです。
少しでも早い、再建と救いを求める方々の心の拠り所が戻ることを願うばかりです。
そして、今ブログを書いている自分もしっかり稽古・精進して、人の救いになれる俳優を目指したいと思います。