menu

 
 

光と闇と手塚治虫 byれいみ

1556182706404.jpg

念願のロック座に来てしまった。

あー緊張した……

感想を簡潔に言うと、

来て良かった。
踊り子さんの演技1つ1つに、魅了され、
私の心の中にある、何かのベールが1つ、剥がされたような気持ちになった。

たとえば、森林の中に佇んでいると、次第に心が洗われるけれど、

この観覧では、それとは別の形式で、心が浄化されていった。

ときどき踊り子さんと目が合ったりなど、
座席も、とても良い席だった。

退場さえしなければ、半券で1日中観覧を楽しめるそうなので(演目は同じ)、
いつかぜひ、店内barを利用しながら、入り浸ろうかと。

内容はというと、

オープニングから、手塚治虫作品のキャラコスとなっていて、かなーりテンションが上がった。

こんなところで、昔ハマった手塚氏のキャラとお目にかかれるとは……
これも何かの縁だわ。

これを機に、また色んな手塚作品を読み始めたいなー。
まずは、「時計仕掛けのりんご」からね。

そんな濃ゆき昨晩。

追伸:
私もサファイアかチャオのコスプレしたい。