menu

オーディション合格への道 書類審査

オーディション合格はここから始まる。書類審査の重要性

オーディション合格への道イメージモデルや女優などの華々しい世界に入るためには、どうすればいいの?と、悩んでいる人も多いことでしょう。もちろん、街で偶然スカウトされたのがキッカケで、デビューしたという人も数多くいます。しかし、万に一つの幸運をじっと待つより、自分から行動を起こしてチャンスを掴み取ろうとすることが大切です。そして、そういった向上心あふれる人には、ぜひオーディションに参加することをおすすめします。
芸能事務所や企業が主催するオーディションでは、まずはじめに書類審査が行われることが多いです。とはいえ、初めてオーディションに応募したいと思った場合、どうしたら書類審査を通過できるのか、そもそもどうやって書類審査にのぞんだらいいのか、全く分からないという人も少なくないでしょう。
そこで今回は、書類審査に必要となる履歴書の書き方や提出方法などについて、詳しく紹介していきたいと思います。


書類審査用の履歴書を用意しよう

「書類審査」というからには、オーディションを主催している芸能事務所や企業に、あなたのプロフィール用紙を提出する必要があります。
これまでアルバイト経験があるなら、履歴書を書いた経験があるという人も多いでしょう。しかし、アルバイトをするための履歴書と、オーディションに応募するためのプロフィール用紙は、全く異なります。
まず、オーディションによっては、主催者側がオーディション専用のプロフィール用紙を用意している場合があります。その場合は、必ず専用のプロフィール用紙を使って下さい。なぜなら、専用のプロフィール用紙には、そのオーディションにとって必要な項目が載っているからです。したがって、他の応募者と差をつけるために、あえて違うプロフィール用紙を使うのは止めましょう。差をつけるどころか、自分が合格から遠のく可能性が高くなります。
次に、オーディション専用のプロフィール用紙が用意されていない場合です。この場合は、自分でプロフィール用紙を用意する必要がありますが、必ずオーディション応募用のプロフィール用紙を用意しましょう。
その理由として、オーディション用のプロフィール用紙は写真を張るスペースが大きかったり、スリーサイズを記入したりする欄が設けられているからです。一般のアルバイト用の履歴書に記載する場合、別途自分で枠を設ける手間がかかってしまい、採用担当者にとっても見にくいため印象が悪くなってしまいます。
また、あなたが未成年の場合、オーディションに参加するためには保護者の同意が必要です。オーディション用のプロフィール用紙には、そのための同意欄がはじめからあるので漏れなく記入できます。

書類審査用の写真を用意しよう

どんなオーディションであっても、書類審査のプロフィール用紙には、あなたの写真を貼付する必要があります。この時の写真は、文字だけでは伝えきれないあなたの魅力を、採用担当者に伝えるためにもとても大切です。
写真を用意する時に気を付けることを押さえておきましょう。
書類審査の目的の一つは、採用担当者が、応募者のありのままの姿を見ることです。そのためにも、貼り付ける写真は必ず自分1人が写っているものを用意して下さい。いくら自分が気に入っているからといって、友達と一緒に写っている写真を使用するのは止めましょう。
また、プリクラを写真代わりにするのもNG。正式な書類には写真を使うのが社会のルールです。
具体的な写真の撮り方については、天気の良い日に屋外で撮ると写りも良く表情も明るく見えます。全体のバランスに注意して上半身と全身の2パターンの写真を準備しましょう。
できるだけたくさんの写真を撮って、その中から最高の1枚を選んでください。

プロフィールは正確に書く

履歴書の前半部分には、名前や生年月日、住所、性別やスリーサイズといった、あなたの基本情報を記入する欄が必ずあります。このプロフィール部分は、偽りなく正直に書いて下さい。中には年齢やスリーサイズを誤魔化して書く人もいますが、後々バレてしまう可能性が高いです。
採用担当者の目を引く履歴書を書きたいという気持ちはわかりますが、それは後半にある自己PRや志望動機の欄で行うべきで、プロフィール部分は正確な数値をハッキリと書くことが何よりも大切です。

郵送の仕方にも注意が必要

プロフィール用紙を書き上げたら、いよいよ主催者側に郵送することになります。この時にちょっとした工夫を施すことで、採用担当者の心象が良くなる場合があります。
ここではそんなテクニックを紹介していきましょう。
まずは、プロフィール用紙を送る際の封筒について。封筒は、プロフィール用紙を折らずに入れられる大きめのサイズを用意しましょう。プロフィール用紙を折ってしまうと、場合によっては写真に折り目が付いてしまうほか、文字がかすれて見えなくなってしまうことがあるからです。担当者に取っては、いちいち折り目を開いて読むのも一苦労なので、読む相手のことを考えて送りましょう。
また、封筒の中に直接プロフィール用紙を入れるのではなく、クリアファイルに入れてから送ると、郵送中にプロフィール用紙が汚れたり、傷ついたりする心配もなくなります。
せっかく魅力的な素質を持っていたとしても、まずは書類審査でそれが伝わらなければ意味がありません。文字を丁寧に書いたり、必須事項をきちんと記入したりといった誠意を見せることが、オーディション合格への第一歩となるはずです。

>オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報