menu

全身写真 撮り方

書類審査での重要ポイント!上手な全身写真の撮り方

全身写真 撮り方俳優や女優、モデルに声優と、芸能界にはさまざまなジャンルがあり、そのほとんどでオーディションが催されています。そしてオーディションの第一関門として、書類審査があるわけですが、そのなかの項目において必ずと言って良いほど、応募者の全身写真の貼付を求められます。
自分の存在を知らない審査員に、より良くアピールするためには、この全身写真が大切です。しかしながら、どうしたら上手く写真を撮ることができるのか分からないという方も多いことでしょう。
そこで今回は、全身写真を上手に撮るための重要なポイントについて分かりやすく紹介をしていきたいと思います。どんなジャンルのオーディションにも適応できるので、ぜひ参考にしてみてください。


全身写真を送る意味って?

まずは、どうしてオーディションの応募に全身写真が必要とされているのかについて説明をしていきます。
全身写真とはその言葉が示すとおり、自分の姿が頭から足先まで全て収まっている写真のことです。この全身写真によって審査員が何を見ているのかというと、ひとつめは体のバランスです。特にモデルなどのスタイルを重視する職業のオーディションを受ける場合、手足の長さや顔の小ささを見るのに、全身写真は欠かせません。
もうひとつの全身写真の役割としては、写っている人物のファッションセンスやヘアスタイルをチェックできるという点です。ドラマや映画のキャストオーディションの場合、その登場人物と雰囲気がマッチしているかの判断材料となるわけです。
このように、たった1枚の全身写真から見て取れる要素は多く、この全身写真のイメージによってオーディション合否も変わってくるため、できるだけ審査員の目を引くような写真を撮ることが大切です。もちろん、自然体な自分を写すことも重要ですが、ほんの少しのテクニックで、今の自分を何倍にも輝かせられるような写真を撮ることも難しくはありません。次の項目から、そういったテクニックのいくつかを紹介していきます。

全身写真はどこで撮るのがベスト?

次は、全身写真を撮る場所についてです。家族や友達といった自分の身の回りにいる人に撮影をお願いする場合、必ずここで撮らなければならないといった決められた場所はありませんが、できるだけ背景がスッキリとしている場所で撮ることが望ましいと言えます。また撮影をしてもらうときに、下から撮るのではなく、撮影者と被写体の目線を合わせて撮ると、写真写りが良くなります。
そして最も確実なのは、やはり写真スタジオでの撮影です。写真スタジオでは、白背景をバックにプロのカメラマンが撮影をしてくれます。スタジオによっては専属のヘアメイクが常駐しているところもあるため、プロのモデルと同じような環境で写真を撮ることができるでしょう。ただし、その分料金がかかる、都心部にしかスタジオがないといったデメリットもあるため、地方にお住いの方は何度も利用するのは難しいかもしれません。

全身写真を撮るときの決まりごと

上の項目でも述べたように、全身写真はあなたの身体のバランスを見るために必要なものです。したがって、体のラインが出にくい洋服を着て写真を撮るのはやめましょう。また、派手な色や柄をした洋服も、スタイルが分かりにくいので控えた方が無難です。
次にヘアスタイルについてですが、髪が長い人は髪の毛で体のラインが隠れていなければ、無理にひとつにまとめる必要はありません。しかし、顔の輪郭が分かるような髪型にセットしておくことは大切です。メイクに関しても、全身写真の場合は細かいところまで映りませんが、できるだけ透明感のあるナチュラルメイクを心がけてください。

全身写真は姿勢が大切!

どんなにスタイルが良い人でも、姿勢ひとつでそれがきれいに見られないケースがあります。つまり、一発勝負である全身写真を撮る場合、できるだけスタイルが良く見える姿勢をとることが大切です。
具体的に、どんな姿勢をとれば良いのかですが、まず基本的には背筋をピンと伸ばすことです。猫背だったり肩が下がっていたりすると、それだけでイメージが悪くなります。また、顔はきちんと正面を向いて、目線をカメラに合わせることも大切です。小首をかしげるといったポーズをとる必要はありません。
下半身は、左右の足を前後に少し重ねると、足が細くきれいに見えます。特にO脚の方は、両足にすき間ができてしまわないように気をつけましょう。また、足をクロスさせるのは構わないのですが、全身のバランスを見たときに重心が曲がっていると姿勢が悪く見えてしまいますので、頭から足先まで真っ直ぐになるようなポーズを心がけてください。
全身写真は、文字だけでは伝えられないあなたの魅力を伝えるのに最適なツールです。そのためにも、できるだけ魅力が伝わるように、これらのチェックポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

>オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報