menu

宣材写真 撮り方

第一印象が肝心!上手な宣材写真の撮り方って?

宣材写真 撮り方モデルやアイドル、女優といったどのような職種であったとしても、最近ではオーディション合格をきっかけに、芸能界デビューを果たす方が多くなってきました。そして、そういったオーディションの第一関門と言えるのが、書類審査です。
書類審査では、名前や年齢、スリーサイズといった文字で書く部分と、宣材写真と呼ばれるあなたの写真を一緒に送ることがほとんどです。
初対面である審査員にとって宣材写真は、あなたの第一印象を決める重要なファクターです。ただ顔や体が写っていれば良いというものではなく、自分の魅力を最大限に引き出せるような宣材写真を撮ることが必要です。
そこで今回は、上手な宣材写真の撮り方や気をつけるべきポイントについて、分かりやすく解説をしていきたいと思います。これからオーディションに臨むという方の参考になれば幸いです。


宣材写真の種類って?

オーディションの書類審査で提出する宣材写真には、主に2種類あると言われています。
まずひとつめが、全身写真です。その言葉どおり、オーディションに応募したあなたの全身を1枚の写真のなかに収めます。この全身写真によって審査委員は、あなたの全身のバランスや髪の長さなど、大まかな外見を把握していきます。
ふたつめが、バストアップ写真です。大体、胸の下辺りから頭までがアップで写っている写真だと考えてください。このバストアップ写真からは、あなたの顔の表情を含めた雰囲気をアピールすることができます。
オーディションによっては、この2種類以外の宣材写真を求められることもあるようです。その場合にはオーディションの募集要項に、どのような宣材写真を送ってほしいかといった注意書きがされているはずですので、その指示にしたがって写真を撮ることが大切です。いくら自分が最もきれいに見えると自信があるポーズがあったとしても、募集要項に当てはまらない宣材写真では不合格にされる恐れがあるので、注意してください。
次の項目からは具体的に、どのような点に気をつけながら宣材写真を撮れば良いのか紹介していきます。

全身写真の撮り方

まずは全身写真の撮り方のポイントについてです。先ほども述べたように、全身写真では体のバランスを見ることを目的としています。そのため、体のラインが出にくい服装を着て写真を撮ることはやめましょう。特にウエストラインがはっきりと見て取れる服装が望ましいです。また、派手な色や柄の服装も、全身像が見えなくなりがちですので控えるべきです。
次に全身写真を撮るときの姿勢ですが、できるだけ背筋をピンと伸ばすと、スタイルを良く見せることができます。また両足は真っすぐにそろえるのではなく、片方の足を少しだけ後ろにずらし、両足が重なるようにするのがおすすめです。特にO脚の方の場合、足の隙間が大きくできてしまうと、実際よりも足が太く見えてしまいます。片足を一歩後ろに引いた状態で撮るようにしましょう。
最後に、宣材写真だからといって、過度なポーズを取る必要はありません。できるだけ無理のない自然なポーズの方が、人柄や雰囲気が伝わりやすいです。顔は小首をかしげたりせず、まっすぐにカメラを見つめると、目力が伝えられて意志の強さをアピールすることができます。

バストアップ写真の撮り方

次は、バストアップ写真の撮り方についてです。顔がはっきりと映るバストアップ写真では、顔の表情や自分ならではの個性をアピールすることができます。したがって、下を向かずにしっかりとカメラの正面を見据えて撮ることが大切です。
また、笑顔にならなければいけないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。笑顔を見せるのが得意ではない場合は、無理に歯を見せて笑う必要はなく、いつもより少しだけ口角を上げる程度でも構いません。
そして女性の場合は、できるだけナチュラルメイクを心掛けましょう。素顔が分からないほどの派手なメイクや、逆に手入れをしていないノーメイクでの撮影はやめましょう。男性の場合でも、肌質をきれいに見せたい場合は、薄くファンデーションをのばして肌のくすみをカバーするくらいのメイクをしても良いかもしれません。

宣材写真を撮る時の注意点

最後に、宣材写真全般を撮影する際に注意したいことについて紹介します。
まず写真を撮影する場所ですが、できるだけ背景がシンプルな場所に立ち、自分の姿をはっきりと写すことが大切です。最も良いのは撮影スタジオを借りることです。撮影スタジオでは白背景をバックにオーディション専用の宣材写真を撮ることができます。また撮影もプロのカメラマンにお願いできるので、よりクオリティの高い宣材写真ができあがるでしょう。
宣材写真は、あなたの魅力を最大限に見せるのに欠かすことのできないツールですので、できれば定期的に撮影をするのが望ましいです。特に10代前半から後半にかけての成長期は、体も顔も変化しやすい時期でもあるため、あまりにも古い宣材写真は使用しない方が良いでしょう。

>オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報