menu

役者になるには

演技で人を感動させたい!役者になるにはどうすれば良い?

役者になるにはドラマや映画、そして生の舞台などにおいて欠かせない存在は、役者です。自分の身体や表情だけで登場人物のすべてを表現し、そして見る人に感動を与えてくれるといった役者に対して、強い憧れを抱いているという方も多いことでしょう。そして自分もいつか役者になってみたいと考えている方も、きっと少なからずいるはずです。
しかしながら、役者という職業に就くためには、ほかの職業のように免許や資格を取れば良いというものではありません。したがって、「どうやったら役者になれるのか分からない」という理由から、その道を諦めてしまうという方もいます。
そこで今回は、役者になるためのいくつかの方法を紹介していきたいと思います。どの方法でも確実に役者になれるというわけではありませんが、自分の個性や魅力が生かせるような道を見つけてみてください。


そもそも役者ってなに?

まずは、役者という存在自体について、どういうものかを説明していきましょう。
役者とは、その言葉通り「何らかの役を演じている人」という意味です。つまり厳密に言えば、役者というのは職業ではなく、たとえば趣味で舞台に立っている人も、役者という存在に当てはまるということです。
つまり、役者を職業とするためには、いわゆる俳優や女優といった存在になって、世間に認められる必要があります。そして、自分の演技でお金を得るためにも、役者としてのスキルを磨いていくことも必要です。

役者になるための主な方法って?

それでは実際に、役者になるための方法について具体的に紹介をしていきましょう。
まずは、「劇団に所属をする」という方法です。劇団というのは演劇を観客に見せるための集団ですので、そこに所属をすることで自然と役者になることができます。しかし、ただ所属をするだけでは意味がなく、そこで厳しい練習を続けて演技の勉強をしっかり行わなければなりません。また、小さな劇団などは常に団員募集を行っているため、劇団に所属すること自体はそれほど難しくはありませんが、役者としての収入だけで生活をするのは非常に難しいでしょう。そして大きな劇団の場合、まずは入団するためのオーディションに勝ち抜くことが必要です。
次に「養成所に入所する」という方法が挙げられます。最近では、芸能事務所が直接運営している養成所が多くあります。そのようなところに入所することで、役者に必要な技術を学べるレッスンを受けることができます。養成所のメリットは、週に数回定期的に通うといったことが可能なため、社会人でも通いやすいという点です。また、役者としてのスキルを認められた場合、養成所を卒業後にその芸能事務所に所属できるといった可能性も高く、俳優や女優になれるチャンスがあることもメリットのひとつです。
また、演技について歴史などにも興味があるのなら、大学の演劇学科を目指すというのも方法のひとつです。卒業生のなかには、現在一流の役者や演出家として芸能界で活躍している方もとても多いです。

オーディションに参加するのもあり!

現在、役者として活躍している方のなかには、オーディションに合格したのがきっかけという人も少なからずいます。
オーディションを受けるメリットとしては、芸能事務所などに所属していない一般人でも応募ができるという点でしょう。もちろん、養成所や劇団に入っている人の方がオーディションに対するノウハウを持っているため合格する可能性は高いと言えますが、地方在住の方で地元に養成所や劇団がないという場合は、こうした一般公募のオーディションに参加してみるのも良いかもしれません。たとえオーディションに合格しなかったとしても、何度でも違うオーディションに応募して、可能性を広げることができます。

役者になるために必要なことって?

ここまで、役者になるための方法をいくつか紹介してきましたが、どの方法を選ぶにしても大切になるのが、あなた個人の資質です。ただ役者になりたいとあこがれているだけでは、決して夢をつかむことはできないでしょう。つまり、役者になるために必要となる能力を、日々自分で磨き上げていかなければならないのです。
役者になるために必須と言われている演技力ですが、養成所などで本格的なレッスンを受ける前であっても、たとえばたくさんの舞台演劇作品を見たり映画やドラマを見たりすることで、独自に勉強をしていくことは可能です。
次に役者というのは、自分の身体すべてを使って演技をすることからも分かるように、常に体調を万全の状態に整えておく必要があります。こうした体調管理がきっちりできるというのも、役者になるために求められることのひとつです。
舞台の上で華やかな衣装を身にまとって演技をする役者ですが、スポットライトを浴びる分だけ、その影での努力はとても大変だということを忘れず、自分がどういった役者になりたいのかを自覚し、その道が開けるような選択肢を選ぶことが大切です。

>俳優・女優オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報