menu

子役へ目指す年齢

子役は何歳までOK?子役の年齢について

子役へ目指す年齢企業のコマーシャルから映画やドラマ、そしてバラエティ番組まで、TVの中で見ない日はないといっていいほど、幅広い活躍をしている子役たち。頻繁に目にする一方で、彼らの実年齢がいくつなのか、ハッキリと知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。
また一般的には、子役といえば小学生というイメージがあると思われますが、小学一年生と小学六年生とでは身長や顔の作りなども全く違ってきます。
そして、自分の子どもにも子役を目指してほしいと考えた時、「何歳までなら子役を目指せるのか」といった疑問を持つ親御さんも多いのではないでしょうか。
子役の年齢について、深く掘り下げて紹介していきます。


子役に年齢制限はないけれど……

まずはじめに、子役になるためには何らかの資格が必要といったことはありません。つまり年齢に関しても「子役は何歳から何歳まで」といった明確な決まり事はないといえます。例えば、ベビー用品などのCMに登場する赤ちゃん子役は、生後間もない状態で出演しているわけですし、逆に中学生になったとしても、求められる役柄によっては実年齢よりも若い役を演じる機会も巡ってくる場合があります。
したがって、子役という職業を目指すにあたり、年齢をそこまで気にする必要はないかもしれません。それよりも、受けたいオーディションの募集要項に書かれた年齢制限を重視することが大切です。
その一方で、いくら子役に年齢制限が設けられていないからといって、いつまでも続けていられるというわけではありません。世間の大多数の人が子役に求めているといわれる「子どもらしい可愛らしさ」は、年齢を重ねて体が成長するに伴い、徐々になくなっていくものです。個人差はあれど誰しも必ずその時は訪れるので危惧することはありません。
したがって大体の子役は、小学校卒業を境に子役も引退するといわれています。子役引退後は、若手俳優や女優として引き続き演劇や芸能の世界で活躍する場合もありますが、人によっては学業を優先するために一度芸能界自体から距離を置くといったケースもあるようです。

子役のピークは7歳?

子役として最も脂が乗ったピークの時期というのは、一説によると7歳頃だといわれています。これは学年でいうと小学一年生か二年生に当たりますが、この時期は学校の授業時間もそれほど長くないため、オーディションや演技レッスンに当てる時間が比較的取れるというのが、理由のひとつに挙げられるかもしれません。
つまり、子役を目指そうと思うのなら、ピークを迎える7歳よりも早い段階から始めるのがよいといえるでしょう。とくに子役は、フリーでオーディションを受けるよりも、まずは子役コースがある芸能事務所や養成所などに所属し、プロによるレッスンを受けながら芸能の世界に馴染ませていくという方法が一般的とされています。現在、第一線で活躍している子役たちの多くが、3歳や4歳といった幼稚園に上がる前から、養成所や芸能事務所に所属して子役としてのキャリアをスタートさせています。このことからも分かるように、なるべく早いうちから所属場所を決めるのが得策です。

子どもの成長に合わせた、子役としての過ごし方

子役として活躍できる時期は、人によって異なるといえます。その理由のひとつとして、その子役の成長具合や体の変化が挙げられます。
男の子の場合、声変わりが早くきてしまうと小学校卒業を待たずに子役を引退することも多いです。また、女の子の場合ですと、身長が急激に伸びた場合などは、子役ではなくキッズモデルといった違う世界で活躍を目指すというケースもあるようです。
つまり、子役として活動している時期に起こる体や心の成長を考慮したうえで、将来どんな世界で活動していくのかを見定めるのが大切だといえます。そのため、年齢だけで子役ができるかどうかを判断せず、普段から自分の子どもの成長具合に目をかけて、この道ならばと思えるような進路を探してあげましょう。

子役から脱皮してずっと活躍し続ける道を目指す

いくつになっても続けることが可能な俳優や女優とは違って、子役というのはあくまでも期間が定められた職業です。子役を卒業したら、今後一切芸能活動は行わないというのであれば別ですが、将来的にもずっと芸能活動を続けたいと考えているのならば、子役でいるうちから今後の事を考えておく必要があります。
子役というのは、確かに「子どもらしい可愛らしさ」が最大のアピールポイントだといえますが、それは他の子役も同等に持っているものだともいえます。さらに毎年のように新しい子役が誕生してくる現実を考えても、自分だけの特別なアピールポイントを作ることが子役として成功するカギとなるのではないでしょうか。
息の長い子役として活躍をつづけていくために最も効果的なのが、舞台や芝居を含めた芸能活動の場所に、早くから馴染んでおくことです。そのためにも、できるだけ小さな頃から、養成所や芸能事務所のレッスンを受けるのはもちろん、オーディション合格を目指すといった目標を立てて、保護者としてのサポートを最大限に行ってあげましょう。

>子役オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報