menu

子役のトレーニング・レッスン

トレーニングやレッスンは必要?

子役のトレーニング・レッスンここ数年、人気子役の活躍によって、以前よりさらに注目度が高まっている子役という職業。実際にトレーニングやレッスンに参加したり、オーディションを受けたりする前は、「子どもなら誰でもなれるの?」、「演技ができないと無理でしょう?」などと、芸能界という未知の世界での仕事に分からないことだらけという人がほとんどです。それでも、子役としてデビューしたいというお子さんや、自分の子どもが舞台やTVで活躍するのを見たいという親御さんは数えきれないほどいます。しかし、やみくもにTVや映画のオーディションを受け続けたり、外見を磨き続けたりするだけではなかなか道は開けません。子役を目指すうえで大切なのは、子役には何が求められているのかということをしっかりと見極め、それに見合ったトレーニングやレッスンを受け、努力し続けることです。そのために、子役の仕事や育て方のノウハウを持っている養成所や芸能事務所に所属し、プロによるレッスンを受けることが子役デビューへの近道となるでしょう。


子役に求められることとは?

芸能界には俳優や女優、歌手や芸人、タレントなど、さまざまなジャンルでそれぞれのプロが活躍しています。子役も例外ではなく、プロとしての仕事が求められます。では、子役に求められるのは子どもらしい演技力なのでしょうか?
もちろん、子役には子どもらしさが求められます。しかし、それ以上に大切なのは、大勢の大人の前やカメラの前でも怖気づくことなく、自分らしく振る舞える度胸だと言えます。子どもは元々感受性が豊かで、自分の感情をストレートに表します。自然に振舞っているだけで子どもらしくなるのです。しかし、急に知らない大人やカメラの前となるとそうはいかないときもあるのではないでしょうか。
だからこそ、普段から本番にできるだけ近い環境で、自分らしくいるためのトレーニングを積む必要があります。

レッスンではどんなことをするの?

子役として活躍したいのであれば、養成所に入ることをおすすめします。子役のレッスンでは、お芝居や歌を歌うときに必要となる滑舌の改善や発声方法、姿勢などの基礎を学べるのはもちろん、人前に出て自分を表現する度胸や自信も身につけることができます。加えて、所属するほかの子どもたちと切磋琢磨し合いながら成長することができるのも養成所に所属するメリットと言えます。
子役は演技や歌がうまければ良い、というわけではありません。どんな現場でも大切なのは礼儀や言葉遣い、時間を守ることです。養成所では、演技や歌唱のトレーニングやレッスン以外にも、人として当たり前のことを当たり前にする力を育てるための指導も行っています。
実際にやってみるまではなかなか理解するのが難しい子役の仕事ですが、自分で身につけながら少しずつ理解することができるという意味でも、養成所に入って高いレベルのトレーニングやレッスンを受けることをおすすめします

学校との両立はできる?

子役のトレーニングやレッスンに通いながらオーディションを受け、さらに学校にも通うとなると、子役の仕事と学業を両立できるのか心配だという親御さんはとても多いようです。では、実際はどうなのでしょうか?
所属する養成所にもよりますが、所属する子役のほとんどが普段通りに学校に通いながらレッスンを受けたり仕事をしたりしています。なかには、人気ドラマやCMに出演しながらも、学校を休んだことはないという子役や、普段は学校に通いながら、月に数回地方からレッスンを受けに来るという子役もいます。
子役の活動は決して楽で簡単なものではありません。オーディションを勝ち取り仕事が入れば、大人たちと同じように現場で役割をこなさなければなりません。それでも、お子さんが「子役の活動が楽しい」、「もっと上手になりたい」と感じれば、学校に通いながらレッスンを受け、仕事を続けることは難しいことではありません。

日々のトレーニングやレッスンが子役デビューへの近道?!

「子役には向き・不向きがあるから難しい」子役の仕事やどうすれば子役になれるかなどを知らない人は、なんとなくこんなイメージを持っているのではないでしょうか。
では、子役に向いている子というのはどんな子どもでしょう?顔がかわいい子、明るい子、人前でも動じない子、歌や演技が上手な子。もちろん、これらは子役に求められる能力として挙げられます。しかし、全ての子役がはじめからこれらの能力を備えていることはほとんどありません。
目立ちたがり屋だけど自信がない子、歌が好きだけれど人前に出るのは苦手な子。このような子でも、トレーニングやレッスンを受けて努力することで、自分に自信をつけたり、人前に出ることに徐々に慣れていったりして子役として活躍できるかもしれません。実際、TVやCMで活躍する子役のなかには、もともとは人見知りだったけれど、レッスンを受けてみたら演技の才能が開花したという子もいます。
子役に興味があるのなら、向き・不向きを考える前に、まずは一歩踏み出してみることがとても大切です。

>子役オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報