menu

子役になるには

憧れの芸能界に入れる!子役になるにはどうすればいい?

子役になるにはテレビやCM、そして雑誌などにおいて、子役が活躍する姿を見ない日はありません。小さなお子様をお持ちのお父様、お母様のなかには、自分の子どもを子役にしたいと考えている方も多いようです。
しかしながら、具体的にどのような行動をとれば子役になれるのかという明確な答えは、一般人にはなかなか知られていません。
そこで今回は、子役になる方法について、いくつかのパターンを紹介していきたいと思います。自分のお子様の場合、どのタイプが向いているのかを考えながら、参考にしてください。


企業が催すオーディションを受ける

大抵のご家庭の場合、これまで芸能界とは無縁の生活を送ってきたと思われます。しかしそういった一般家庭で育った子どもでも、実力があれば子役としてデビューをすることは珍しくありません。その方法のひとつが、企業が開催している子役オーディションに応募することです。
さまざまなジャンルの企業が、自社製品のCMを製作するときに子役の募集をしています。こういったオーディションでは、応募者がこれまで子役の経験のない子どもであっても、商品のイメージに合致していれば、選ばれるチャンスは大いにあるようです。そしてそのCMがヒットすることで、子役として次の仕事が舞い込むこともあるでしょう。
こうしたオーディションを受けるメリットとしては大抵の場合、名前の知れた有名企業が開催しているという安心感があります。
またオーディションのなかには、芸能プロダクションや映画会社が開催しているものも多く、こういったオーディションに合格することで、一気に子役として華々しくデビューしたというケースも珍しくありません。
親御さんは、どのようなオーディションが開催されているのか、定期的に情報収集していきましょう。

子役専門の芸能事務所や養成所に入所する

芸能界について何も分からないというのならば、まずは子役を育成している芸能事務所や養成所に入所するというのも良いかもしれません。
子役といえば、映画やドラマなどに出演する機会も多いため、演技の勉強もしなければなりませんが、こうした芸能事務所に入所することで、演技レッスンを定期的に受けることができるというのも、メリットのひとつです。
現在、子役として第一線で活躍している子どものほとんどが、こうした芸能事務所に所属しているという事実を考えると、この方法が子役になるための王道だと考えられます。
また芸能事務所に入所する利点としては、同じ夢を持つ子どもたちと一緒にレッスンができるため、たとえ子役として大成しなかったとしても、コミュニケーション能力を養えたり、人間的に大きく成長をすることができたりと今後の子どもの生活に良い影響を与えることができる可能性もあります。たとえば、引っ込み思案だった子どもが、芸能事務所のレッスンを受けるようになって性格が活発になったという例も多くあるようです。

街中でスカウトされる

子役に限らず、女優やモデルもそうですが、芸能事務所の多くは、新しい人材発掘にも精力的に取り組んでおり、不定期に街でスカウト活動が行われているようです。現在活躍している子役のなかには、「街でスカウトされたのがきっかけで子役デビューした」というケースも少なくありません。
しかし、いつどこでスカウト活動が行われているのかは把握できないため、運に大きく左右される方法です。
このように、たしかに子役のスカウトはありますが、最近ではスカウトを装って詐欺行為を働くといった事件も多くなってきました。したがって、スカウトをされたからといって、詳しい情報を確認せずに契約をするようなことはやめましょう。また、お子様が1人で遊んでいるときに「子役にならない?」と声を掛けられても、絶対についていかないよう言い聞かせておくことも大切です。

キッズモデルから子役に転身

最近では、読者モデルから芸能界デビューを果たす方が増えてきたこともあり、子役の場合でもキッズモデルから転身したというケースが増加しているようです。
キッズモデルと子役の違いですが、それはそのままモデルと女優や俳優との違いと同じです。つまり、子ども服や企業商品をアピールするのがキッズモデルの仕事です。
先にキッズモデルを経験することで、カメラ前に立つことに慣れたり、芸能界の仕組みや環境にも馴染みやすいといった利点があります。
このように、子役になるためのチャンスや方法というのは、さまざまなものがあります。そしていかなる方法においても、情報収集は欠かせません。つまり、お子様の代わりにお父様、お母様がしっかりと情報を吟味し、最も適した方法を選んであげることが大切です。お子様の安全を守りつつ、夢を叶えるお手伝いをしてあげてください。

子役オーディションでは、両親もチェックされる

これは子役に限らず、成人のモデルや俳優、女優になるためにもいえることですが、企業が行うオーディションや養成所の入所オーディションにおいて、必ず実施されるのが面接です。特に子役オーディションにおける面接の重要性は高い傾向にあります。その理由としては、子役には自然体の演技や役柄が求められることが多いため、子ども自身が持っている個性の見極めが大切になるということが上げられます。また子役オーディションでは、主役である子どもだけではなく、その保護者である両親についても、その人柄などが重要視されます。それは年齢が低いときほど顕著で、どういった家庭環境で育っているのかや、芸能界でデビューすることについてどのように考えているのかなど、面接を通してチェックされているようです。ですので、何を尋ねられてもきちんと答えられるように、オーディションに合わせた回答を前もって考えておくことが大事です。

子どもの意思を尊重する

子役といえば、大抵の方が小学校低学年の児童を思い浮かべることでしょう。あるいは最近では幼児商品のCMなどで赤ちゃんモデルのようにさらに幼いケースもあります。つまり、ある程度の年齢に達していない子役の場合、「子役になりたい」と考えを持っていたケースは少なく、ご両親や身内のすすめで子役を目指したといった場合が大半でしょう。志すはじめのきっかけはそれでも構わないのですが、ある程度の期間子役になるためのレッスンやオーディションを受けた後にでも、自分の子どもが本当に子役になりたいと思うようになったかを、子ども本人に確かめてみることも大切です。子役には性格の向き不向きもありますし、あるいは子役のレッスン以上に、子ども自身がやりたいと思える物事が見つかるかもしれません。それを無視して、両親の意見だけで子どもに無理を強いるようなことは行うべきではないでしょう。子役として芸能界で成功をおさめるためにはつらい演技レッスンももちろんあります。しかし、子ども自身に「演技をすることが楽しい」という思いがないのならば、長く続けていくことは難しいということを忘れないでください。

>子役オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報