menu

子役の親の役割

親の存在は大切!子役における親の役割って?

子役の親の役割子役といえば、大抵が幼稚園児から小学生であり、仕事に関して何もかも自分で決めるということは、現実的に難しいと言えるでしょう。また精神的にも大人と比べて未発達であることから、子役ならではのトラブルといったものも多いようです。
そんなとき、子どもの支えとなるのが両親や保護者です。特に子役の場合、行動をともにすることが多い両親との結びつきが強いと言えます。
では具体的に、子役の親にはどのような役割があるのでしょうか。実際の撮影現場から日常生活に至るまで、子役の親としての役割について、紹介をしていきましょう。お子様を子役にしたいと思っている方、あるいはすでに子役として活動をはじめたというお子様をお持ちの方も、ぜひ参考にしてみてください。

オーディションから、二人三脚で子役を目指す

子どもが自分から「子役になりたい!」と言った場合でも、親御さんが「子役にさせたい!」と思った場合でも、子役を目指すと決めたそのときから、親御さんは積極的に動かなければなりません。
たとえばオーディションですと、まずはどんなオーディションが催されるのかを調べるといった情報収集を行う必要があります。
また芸能事務所や子役の養成所に入所させる場合でも、その事務所がどんなところなのか、自分の子どもに合っているのかといった細かいところまで吟味しなくてはなりません。
つまり、お子様が気持ちよく演技ができるような道を、親御さんが作っていかなければならないというわけです。

子どもとスタッフとの橋渡し役

実際に子役として活動をはじめる場合、基本的には親御さんがお子様にずっと付き添うことになります。つまり芸能人のスケジュール管理を行うマネージャーのような役割を果たす必要があります。
仕事を貰っている子役とはいえ、まだまだ小さい子どもですから、自分の思いを現場スタッフに言葉で表現するのが難しいときもあるでしょう。また、元々が人見知りをするお子様の場合、共演者やスタッフに上手く挨拶ができないといったこともあるかもしれません。
そういったときに親御さんには、自分の子どもとスタッフとの間に入って、円滑なコミュニケーションが取れるような空気を作ることが求められます。
このときに大切なポイントが、親御さんはあくまでもサポートに努めるということです。お子様に代わって自分が挨拶をするということではなく、お子様が話しやすい環境を作ることを心がけてください。主役はあくまでも子役であるお子様だということを忘れず、影の存在に徹して手助けをすることが子役の親の役割として、何よりも求められることでしょう。

台本チェックから健康管理まで徹底する

子役の親としての役割は、実際にお子様が撮影に臨むときだけではありません。むしろそれよりも、日常生活からのサポートの積み重ねが重要です。
たとえば、台本をもらったとしても、小さな子どもには読めない漢字がたくさんあって練習にならないかもしれません。そういったものに対して、ひとつずつふりがなを振ってあげることも親御さんの役目です。また、相手役がいる演技をする場合、自宅で一緒に台詞を覚えながら台本の読み合わせ練習を行ってあげることも必要になるでしょう。
そして何よりも重要なことは、お子様の健康管理です。体調を崩して撮影ができない、ということになってしまうと、共演者をはじめとしたスタッフ全員に迷惑をかけてしまうことになります。特に映画やドラマの撮影は長期間に渡って行われるため、常にお子様の健康状態には気を使っておくようにしましょう。病気はもちろん、ケガにも気をつけてください。
また、子役ならではの健康管理としては、スキンケアといった細かな部分も必要です。特別にエステなどに通う必要はありませんが、お子様のためにバランスの良い食事を作ったり、睡眠時間を管理して、肌荒れを起こしたりしないよう注意することが求められます。

子役の親として求められる要素

最後に、子役の親としてどういった素質が求められるのかについて紹介します。特にお子様とずっと一緒に行動している親御さんは、参考にしてみてください。
先程も申した通り、子役の親の役割は、自分の子どもとスタッフとの橋渡し役です。したがって、親御さんが引っ込み思案だったりすると、上手くコミュニケーションを取ることが難しくなります。
もちろん、必要以上に自分が前に出ることはなく、笑顔を絶やさず相手の話をよく聞くことができる性格の方が、子役の親として向いているでしょう。
次に、当たり前ではありますが挨拶がきちんとできるというのも、子役の親として大切な要素です。芸能界はとくに挨拶を重要視する世界ですので、現場の雰囲気を和やかなものにするためにも、挨拶は欠かせません。また、親御さんがきちんとした挨拶をしている姿を見ることで、お子様も同じように挨拶ができるようになります。それは今後子役として活躍していくためにも、必ず身につけておきたいスキルのひとつです。
このように、子役の親としてだけではなく、お子様のこれからの人生において、お手本となれるような立ち振舞をしていくことが、子役の親として求められる役割かもしれません。

>子役オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報