menu

子役は成長しても仕事できる?

子役はいつまで子役でいられる?

子役は成長しても仕事できる?子役というと、みなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか?大半の方が、小学生の男の子や女の子を頭に思い浮かべるのではないでしょうか?
そのイメージはもちろん間違ってはいません。基本的に子役と呼べるのは小学生までです。では、子役として活躍した後、成長した後にはどのような道が待っているのでしょうか?今回は、子役のその後について、どのような仕事をすることができるのか、具体的な例を交えながら解説をしていきたいと思います。

子役が引退する理由って?

まずは、子役が引退をしなければならない理由について、紹介をしていきましょう。
子役という職種には、必ずしも守らなければならない年齢制限というものはありません。しかし、大半の子役は小学校を卒業するときに引退という形を取るそうです。これにはいくつかの理由が挙げられます。
最も大きな理由は、世間的なニーズの問題です。一般的には子役と聞くと、「小さくてかわいらしい子ども」をイメージするかと思います。つまり小学校も高学年になってくると、子どもによっては大人と変わらない体格を持つような子も増えてくるわけで、見た目が子どもらしくなくなるという理由が挙げられます。特に男の子は声変わりをすることで、一気に子役らしさがなくなるというのも、引退を早める要因のひとつだとされているようです。
また、最近は子役ブームということもあり、毎年のように新しい子役が登場します。つまり、子役が入れ替わるタイミングもそれだけ早くなるというわけです。
もうひとつの理由が、子役自身にほかにやりたいことができたからだと言います。子役という職業は、人気があればあるほど時間的な制約が多く、ほかにしたいことがある場合、並行して行うのが難しいのが現状です。そのため、子役を引退して新たな道を選ぶという子どももいるようです。

子役を引退した後は?

では、子役を引退した子どもはその後、どのように生活をしているのでしょうか?具体的にいくつかの例を紹介しましょう。
まずはじめの例として、子役を引退した後に一度芸能活動を休止し、普通の学生に戻るというケースがあります。その理由としては、子役から俳優や女優に転身することの難しさが挙げられるでしょう。大成功をおさめた子役ほど、そのときのかわいらしいイメージが残り、大人の役を演じることに視聴者が違和感を覚えやすいと言われています。つまり、子役からすぐに俳優や女優へと転身しても、いつまでも子役のイメージが抜けきれず、仕事がなかなか舞い込んで来ないという苦労があるのです。そのため、一度テレビや雑誌から完全に姿を消し、顔や体格が成長しきってから再び芸能活動に戻るといった道を選ぶ方が多いようです。子役としての知名度を持ったまま、またそれを活かしつつこれまでとはスタイルを変えて仕事ができるというのは、成人してから芸能界デビューを目指した方よりも、アドバンテージがあります。
また、小さな頃から仕事が忙しく充実した学校生活を送れなかったという思いから、中高生の間は伸び伸びと過ごしたいと、自分から一時芸能活動を休止するという方もいます。

芸能の世界で生きていく

先に述べたように、一時離れることはあるかもしれませんが、最終的にはやはり芸能界で仕事を続けるという子役が多いのも事実です。
子役として映画やドラマに出演したことで、何かを演じることの喜びが忘れられないという場合には、俳優や女優の道に進んだり、あるいは最近ですとバラエティ番組で活躍する元子役というケースも多くなっています。
いずれの場合でも、子役としての知名度があることで、次の仕事も入りやすくなるでしょう。また、芸能人の低年齢化が進んでいることもあり、昔に比べて子役と俳優とのギャップも少なくなったように思えます。したがって、子役時代の面影に引きずられることなく、スムーズに新たな仕事を行っていける可能性も徐々に高くなってきているようです。

全く違う分野に進む人もいる

もちろん、子役として活躍した子ども全員が、そのままその後の芸能界で大成功するというわけではありません。子役時代に一世を風靡したというケースではない場合、芸能界を引退して違う場所で活躍している方が多いでしょう。
最も多いケースが、小学校卒業と同時に芸能界を引退し、その後一般人と同じように中学高校大学へと進学し、そのまま一般企業に就職をするというパターンです。また、実家が自営業ならば、その後を継ぐという方もいるでしょう。
しかし、どんな職業であれ、子役として経験したことは、その後の生活で役に立つことばかりです。
例えば、大勢の人の前でも物怖じしないで意見を発表できるというのは、実生活のうえでも役立つでしょうし、上下関係や挨拶といった規則に厳しい芸能界で働いていたことも、きっとプラスになることでしょう。
つまり、これから子役を目指そうと考えているお子様や、自分のお子様を子役にしたいと思っている親御さんも、子役というのは「期間限定」の職業である場合が多い、ということをまずは念頭に置いておくべきです。そして、その後どんな分野に進みたいのか、どんな場所で活躍したいのかといった、将来設計をお子様と一緒に考え、先を見据えて行動していくことが大切でしょう。

>子役オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報