menu

モデルの志望動機

自己アピールが大切!モデルの志望動機とは?

モデルの志望動機雑誌やテレビ、そしてファッションショーといった華やかな世界で活躍するモデルは、いつの時代であっても若い女性の間で絶大な人気を誇っています。そして、そんなモデルに自分もなってみたいなと希望に胸を膨らませている人も多いのではないでしょうか?
モデルとしての第一歩を踏み出すためには、芸能事務所やモデル事務所に所属したり、企業が主催するオーディションなどに合格したりする必要があるといえるでしょう。そして、そんなオーディションの場で必ずといっていいほど尋ねられるのが志望動機です。
この時に「可愛い服を着たいから」や「モデルという世界に興味がある」と漠然とした志望動機を言っても、審査員の心に響かないでしょう。志望動機は、自身の素直な気持ちはもちろん個性をにじませることが大切です。
そこで今回は、オーディションにおける志望動機の伝え方について、具体的な例を交えて紹介をしていきます。


あなたの本気が伝わるような志望動機を書く

最初に述べたように、モデル業界というのは見た目が華やかで楽しそうに思えることから、軽い気持ちでモデルになってみたいと考える人も多いです。しかしながらモデルという職業は、他人に見えないところで多大な努力をする必要があるなど、他の職業と同等以上に辛く厳しい世界です。そのため、遊び半分でオーディションを受けても、合格することは難しいですし、万が一合格したとしてもそこから続けていくことにいずれ無理が生じてきます。
「どんな苦労をしても絶対にモデルとして成功してみせる!」という、あなたの本気がストレートに伝わるような志望動機を書くことが望まれます。とくに志望動機というのは、「なぜこのオーディションを受けようと思ったのか」という審査側の疑問に対して明確に答える必要があります。つまり、あなたの性格や特技といったパーソナルな情報を伝えるのではなく、「このオーディションに合格する人物として、いかに自分が相応しいか」という点を審査員にアピールすることだと考えてください。
いくつもモデルオーディションを受けている人の中には、毎回同じ志望動機を言っている人もいるようですが、オーディションが違うということは、求められている人物像も違ってくるわけですから、きちんとそのオーディションに沿った志望動機を考えることも大切になってきます。

目的意識をはっきりさせた、分かりやすい志望動機を目指す

例えばオーディションにおける書類審査の場合、審査員は膨大な人数の志望動機を読むことになります。そのため、「洋服が好きだから」や「華やかな世界で活躍したいから」といった、大まか過ぎる志望動機では、その他大勢と大差なく目に止まりにくいといえます。審査員の目を引くような志望動機を作るためには、具体的で分かりやすい目標を掲げたうえで、それを達成するために自分はこのオーディションに何としてでも合格する必要があるのだ、といった方向で進めるのがいいでしょう。
また、自分が経験したなかで志望動機に結びつくようなエピソードなどがあれば、盛り込んでアピールするのもよいです。実体験に即したものを書くことで、他の人には書けないあなただけのオリジナリティがある志望動機ができあがるはずです。ただし、あまりに長い志望動機は、見る側もうんざりしてしまいます。沢山の志望動機を読む審査員側の立場を考えて、できるだけ簡潔に書くことを心掛けましょう。

志望動機に説得力を持たせる

上の項目でも述べたように、目的や目標を掲げた志望動機を書いたとしても、その目標があまりにも大きなものだった場合、「本当に達成できるの?」と、審査員から思われてしまうかもしれません。つまり、あなたがその目標を達成するために日頃からどういった努力をしているのかも一緒にアピールしないとせっかく書いた志望動機に説得力がなくなってしまいます。
例えば、「将来的にパリコレのような有名ファッションショーに出たいから、毎週ウォーキングのレッスンに通っている」といったように、あなたが夢に向かって努力している様子をアピールしていきましょう。
また最近ではモデルとしてデビューした後に女優やテレビタレントといった本業以外の分野で活躍をする人も増えています。もしあなたがそういった分野にも興味があるのならば、それについてアピールしてみるのも一案です。ただし、あくまでも受けるオーディションの趣旨に合わせたアピールを行うのが条件です。

自分自身と向き合って、自分だけの志望動機を考えよう

志望動機というのは、何らかのオーディションに合格するために書くものです。しかしながら、志望動機を考えるにあたって、自分がどういった将来の夢を持っていて、それについてどう取り組んでいるのかといった、自分自身と向き合えるチャンスでもあるのです。
モデルという職業は、どんなにスタイルが良くてもただ待っているだけでは仕事を勝ち取ることはできません。常に「こういう自分を表現したい」という思いを抱き、それに対して努力をする必要があります。
したがって志望動機を考えるときには、なりたい自分を想像し、今後のビジョンを立てながら行っていくことをおすすめします。

>モデルオーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報