menu

歌手の歌唱力

歌手にとって必須のスキルや歌唱力を身につけよう

歌手の歌唱力歌手になりたいという夢を持っている人は、人前に出て歌を歌うのが好き、歌を通して何かを表現してみたいといった理由を持つことが多いといわれています。また、カラオケや人前などで歌った時に、周りの人から上手いと褒められたのがきっかけだという人もいます。
歌手を目指すきっかけは人それぞれですが、一流の歌手になるために必ず持っていなければならないスキルとして、歌唱力が挙げられます。では、具体的に歌唱力を高めていくためにはどのような努力が必要となるのでしょうか。
今回は、この歌唱力についてさまざまな角度から解説をしていきます。


歌唱力は歌の総合力である

歌唱力という言葉は、これまで何度も耳にしたことがあると思いますが、具体的に何を示しているのかご存知でしょうか。歌唱力とは単純に「歌のうまさ」ではありません。学生時代に音楽の授業で、歌を褒められたという経験がある人も多いでしょう。しかし歌手に求められる歌唱力とは、当然ながら一般人における「歌の上手さ」よりも基準が高くなっています。プロの歌手として第一線で活躍するためには、それ相応のトレーニングを行う必要があります。
歌唱力が高い人というのは、音に関するあらゆる要素のクオリティが高いと言い換えることもできます。その中でも特に、「音域や音程」「声量の有無」「リズム感」「表現力」の4つの要素が重要になってきます。
つまり歌唱力とは、ひとつのスキルだけを特化させるのではなく、歌に関する総合力の高さによって決まります。
次の項目から、この4つの要素について、具体的に何をすればスキルアップしていけるのかを詳しく紹介していきます。

喉を上手に使って出したい音をイメージする

まずは、「音域や音程」「声量の有無」についてです。人は声帯が震えることで、話したり歌ったりといった音を発することができます。つまり音域というのは、個人が持っている声帯によってある程度幅が決まっています。したがって、生まれつき高い声を出すのが得意な人もいれば、音域の幅が狭いという人もいます。しかし、きちんとしたトレーニングを積むことで、自分の音域を広げることは可能だといわれています。
例えば、これまで自分が出したことのない高い声を出したい場合には、まずは頭の中でどんな音を出したいのかをしっかりイメージすることが大切だといわれています。また、いきなり高い音の曲を歌うのではなく、まずは叫び声を上げて高い声を出す時の感覚を体に記憶させるようにします。
逆に低い音を出したい時には、あくびをするイメージを持ちながら声を出すと、上手くいきやすいといわれています。
音程とは、自分の声と歌のメロディがきちんと合っているかどうかが重要です。広い音域を持っていたとしても、曲と声がバラバラだと俗にいう音痴な状態になります。
次に、声量についてです。これはつまり声の大きさのことですが、ただ声が大きければいいというものではなく、声に力強さが込められているか、曲に合わせた声量の強弱をつけられるかが重要です。

全身でリズムを感じることが歌唱力アップの秘訣

曲の種類に関わらず、どんなものでも曲に合った適切なリズムというものがあります。それぞれのリズムを意識して歌うことで、より上手に聞かせられるようになります。
では具体的にリズム感を養う方法ですが、メトロノームの音を聞きながら、そのリズムに合わせて全身を動かすというトレーニング方法があります。
この時に注意してほしいのが、耳だけでリズムを感じるのではなく、必ず全身でリズムを取ること。立った状態で行う場合は、腰でリズムを取りながら手足や頭を動かしていきます。全身を使うことでリズム感と同時に表現力を高める練習にもなります。
メトロノームを使ったリズム練習に慣れてきたら、今度はさまざまなジャンルの曲を流して聞きましょう。それに合わせて同じようにリズムを刻んでみると、より効果的にリズム感を高めていくことが可能です。

豊かな表現力で歌唱力がグンと上がる

音程も外れていないし声質も悪くないのに、歌が上手いといわれない場合は、表現力が足りないからかもしれません。
表現力とは、俳優や女優がドラマの中で演じるように、歌手も歌の中に自分なりの思いを込めて歌う力と言えば分かりやすいでしょうか。例えば同じ曲を同じテンポで歌ったとしても、歌手によって全く違う曲に聞こえたりするのは、表現力の違いだと言えます。
表現力を高めるには、あなた自身がさまざまな感情を知っていることが大切です。そのためには、普段から本を読んだり映画を見たりといった作品に触れることや、自分とは違う考えをもつ人たちとコミュニケーションを築くことも効果的です。
歌い方のテクニックとして、ビブラートをきかせることでも表現力を高めることができます。ビブラートとは、横隔膜に力を入れて音程を細かく上下させ、声を震わせるように響かせる歌唱法のことです。ビブラートを含めたプロの歌唱テクニックは、歌手養成所やスクールなどで本格的なレッスンを受けることで身につけられます。

>歌手オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報