menu

歌手の仕事内容

意外と知らない?歌手の仕事ってどんなの?

歌手の仕事内容歌手と言えばもちろん、歌を歌うことが仕事です。歌の力で聴く人々を感動させることが、何よりも使命だと言えます。しかしながら、ただ「歌う」といっても、そこにはさまざまな需要があり、デビューしたばかりの歌手と、現在第一線で活躍している歌手とでは、その仕事内容にもかなりの違いがあるようです。
そこで今回は、歌手を目指しているという人でも、意外と知らないであろう歌手の仕事やその内容について、詳しく見ていきたいと思います。


歌手にも色々な種類がある

歌手というのは、歌を歌うことを職業としている人を指します。しかし、演歌歌手やロック歌手といったように、歌っている歌の違いや歌手本人の個性などによって、仕事の内容や活躍する場所に違いがあります。また、バンドのボーカルのように、一緒に活動している人が複数いる場合もあります。
このように、一口に歌手といってもさまざまな種類があり、自分が目指している歌手の形態によって、仕事内容にも違いが出てくるということを理解しましょう。

下積み時代は小さな仕事が多い

歌手としてデビューした直後の場合、世間的な認知度も低いことから、なかなか自分が思い描いているような華やかな仕事をこなすことは難しいでしょう。
もしどこかの芸能プロダクションに所属している場合、その事務所の雑用であったり、先輩歌手の付き人として働かなくてはならない場合もあります。しかしこれは、芸能界という特殊な世界を理解するためには必要で、良い経験にもなるでしょう。
こういった雑用仕事の合間に、歌手の本分である歌を歌う仕事も受ける機会があります。例えば、地方にある小さな商業施設などで開催されるイベントに出演して、1曲だけ歌って帰るといったケースも多いようです。華やかな芸能界とは裏腹に地味な仕事だと思われるかもしれませんが、まずはたくさんの人に自分という存在を知ってもらうためにも、こういった地道な宣伝活動が大切です。
また、人前で歌う仕事以外ですと、ほかの歌手が歌うバックコーラスとして呼ばれるということもあります。自分が主役ではないため、自由に歌うことができない反面、音楽業界の横のつながりができるという利点もあります。つまり、バックコーラスであってもさまざまなアーティストの現場に呼ばれるようになれば、業界の人に顔を憶えてもらえるチャンスにつながるのです。
このように下積み時代の歌手の仕事では、自由がきかないというストレスが溜まるかもしれませんが、将来的には必ず役に立つ人脈や経験を手に入れられる貴重な機会とも言えるため、ひとつひとつの仕事を大切にこなしていきましょう。

歌う以外の仕事も多い

歌手としての実力や知名度が上がるにつれ、その仕事内容にも変化が見られます。たとえばCDをリリースする前には、テレビやラジオに出演するという、宣伝活動も仕事のメインとなります。また、音楽雑誌のインタビューに応じることもあるでしょう。そして、ファンの知りたいという要望に応える形で、音楽活動とは直接関係のない、自分自身に関する情報を発信することも仕事のひとつです。
作曲や作詞も手がけるシンガーソングライターとして活動している歌手の場合には、別の歌手に楽曲を提供したり、レコーディングに付き合ったりといった裏方の作業も増えてきます。
そのほか、歌手によっては自分が行うライブの構成や演出をすべて手がけるという場合も多く、人気があればあるほど、自分自身を総合的にプロデュースしていく能力が求められるようになるでしょう。
そしてインターネットが発達した昨今、誰でも手軽に情報の発信や受信ができるようになったことで、歌手とファンとの距離も近づいてきました。そのため、SNSを通じたファンとのやり取りも、歌手の仕事のひとつになりつつあります。もちろん、必ずしも行わなければならない仕事というわけではありませんが、ファンの期待に応えることを重視している歌手の多くは、こういった仕事もこなしているようです。

トレーニングも大切な仕事

歌手というのは、体が資本の職業です。たとえばコンサートなどで長時間に渡って歌い続けるのは、思った以上に体力を消耗します。また、ベストな歌声をキープするためのボイストレーニングや、しっかりと声を出すための筋力作りも必要不可欠となります。
つまり、ファンやお客様の前で歌声を披露しているときだけが仕事ではなく、常に万全の態勢で歌を歌えるように調子を整えておくことも歌手の大切な仕事のひとつです。
また体力面だけではなく、精神面においても努力が必要で、感情あふれる歌を歌うためにも、新しい刺激を存分に受けて感性を豊かに保つことも重要でしょう。
つまり、「歌を歌いたいから」という気持ちだけ大きくても、プロの歌手として第一線で末永く活動するのは難しいということです。日々のたゆまぬ努力があってこそ、自分が夢見て憧れていた仕事をこなしていけるようになる、と言えるのではないでしょうか。

俳優や女優にもなれる?

ここ最近の傾向で、歌手の仕事として増えているのが、テレビドラマや映画に俳優や女優として出演をするということです。これには、元々歌を通じてさまざまな感情を現す歌手と、演技をする俳優や女優というのは似ているという理由があるのです。また場合によっては、その作品の主題歌や音楽全般のプロデュースを同時にオファーされることもあります。
歌以外のオファー受けるメリットとして、これまでとの環境を変えることで自分のなかに新たな個性を見つけられるといった、その後の活動にも必ず良い結果をもたらしてくれることです。
もちろん、こういった俳優や女優の仕事のオファーを受けるためには、ある程度成功を収めてきた人に限られたものかもしれません。つまり、最初から演技をしていきたいと思っているのでしたら、歌手ではなく俳優や女優になるためのトレーニングを専門的に行う方が得策です。

歌手の仕事に定年はない

歌手というのは、特別な免許や資格が必要とならないため、定年や退職といった概念もありません。年齢に関係なくいつまでも続けられるというのは強みがあります。しかし、それはあくまでも周りからの需要があってこその話です。いくら自分が歌番組に出演したり、コンサートを催したいと思っていたとしても、歌を聞いてくれる人がいなければ意味がありませんし、オファーがなければ、もちろん活動を続けていくことも難しくなってくるでしょう。
近年は昔と比べてCDが売れにくい時代となってしまったこともあり、好きな歌だけで生活を維持していけるというのは、極めて少なくなってきたようです。しかし、インターネットの発達により、手軽に歌を聞いてもらうための手段が増えたという利点もあります。したがって、そのツールを賢く用いて、今後の大きな仕事につなげていくことができるかが、長期間にわたってプロとして活動を続けていくためにも重要となってくるでしょう。

>歌手オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報