menu

声優のセリフ練習

声優の必須課題、セリフ練習って?

声優のセリフ練習イメージ声優は、その名の通り、自分の声一本で勝負します。TV画面やスクリーンに映るキャラクターのあらゆる感情を、声だけで表現していかなければならない職業です。つまり、動きや顔の表情なども演技の一部となる俳優や女優以上に、セリフ回しに気を配る必要があります。
それには、ただ大きい声を出すといった単純なものではなく、声優ならではのテクニックを身につける必要があると言われています。
では具体的に、どういった点に気をつけなければならないのでしょうか。また、自分でできるセリフ練習にはどのようなものがあるのか、声優を目指し始めたばかりの人でも、今日からすぐに実践できるセリフ練習法について、分かりやすく紹介していきます。


声に感情を乗せるのが第一

主な声優の仕事としては、ナレーションの他に洋画やアニメの吹き替えが挙げられます。これらの仕事で声優が一番に考えなければならないのが、画面に映る役者やキャラクター達に、よりリアルな感情を、自分の声を通して乗せていくことです。
例えば、「こんにちは」や「ありがとう」といった短い挨拶でさえ、シーンによって言葉に込められる感情が違ってきます。
したがって、セリフ練習をする場合には、そのシーンがどういうシチュエーションとなっているのか、自分の演じるキャラクターがどういった感情を持ってその言葉を発しているのかを、事前にきちんと理解していくことが何よりも重要になってきます。
動きや表情を出せない分、言葉のイントネーションやテンポ、強弱のつけ方で、そういった感情を表さなければなりません。演じるキャラクターに息を吹き込めるような、自分なりのセリフ回しを身につけていきましょう。

ひとりで実践できるセリフ練習法

セリフの練習は、自宅や公園などでも気軽に行えるという利点があります。養成所や専門学校でのレッスン時だけではなく、自主練習も暇を見つけてしっかりと行っていきましょう。
では、具体的なセリフ練習法というと、代表的なものに、「同じセリフを違う感情を込めて言ってみる」というのがあります。
ひとつの言葉を決めた後、「元気よく」や「照れながら」や「悲しそうに」といった設定を自分で考え、その設定に合わせて言葉を発してみるという練習法です。
この練習を繰り返し行うことで、言葉に感情を乗せるコツが掴めてくることでしょう。
また、この練習をする場合、自分の声を録音して聞き返すというのも効果的です。
なぜなら、ただ闇雲に練習をするだけでは、本当に自分のセリフ回しが上達したのかどうか判断ができないからです。そのため録音した声を自分で再度確認することで、客観的に上達具合を見極めることができます。
第一線で活躍する声優さんであっても、録音した自分の声が思ったイメージと違ったということは、よくあるそうです。したがって、もしあなたの周囲に協力をしてくれる人がいるのならば、録音した自分の声を聞いてもらい、どんなイメージを持ったか、改善点はないかなど、素直な感想を言ってもらうと良いでしょう。

映像に合わせてセリフを読んでみる

その他のセリフ練習法としては、「映像を見ながらセリフを読んでみる」という方法もあります。
例えば、自宅のテレビでアニメや映画を流し、音を消した状態で、元の声優さんと全く同じセリフを読んでみるのです。
同じセリフを読むからといって、元の声優さんの声質やイントネーションなどを、そっくりそのまま真似る必要はありません。それよりも、セリフを読むスピードが早すぎたり遅すぎたりしていないか、聞き取りにくい話し方をしていないかといった点に注意しながら行います。
この練習をする場合でも、その時の様子を録音して後で聞き返してみることをおすすめします。そうすることで、元の声優さんとくらべて感情の込め方の違いや息継ぎのタイミングなど、今後見習っていきたいポイントが明確に見えてくるからです。さらに、自分とは違う感情の表現方法を学ぶことにもつながります。
また、こうして日常的に自分の声が他人にどう聞こえているのかを把握することも、声優としての自分の個性を伸ばしていく上で大切になってくるはずです。

身振り手振りをまじえて、セリフ練習をしよう

先ほど、声優という職業は声だけで感情を表現するといいましたが、自分でセリフ練習をする時は、あえてオーバーリアクションを取りながらセリフを読んでみることも効果的です。
特に、声優を目指し始めたばかりという人は、セリフを読むのが気恥ずかしく感じてしまう人も多いです。しかし、そこであえて大きな身振り手振りを加えることで、ただセリフを読むよりも声に感情を乗せやすくなるという効果もあるようです。
セリフ練習をする時は、自分がその役者になりきって演技をすることが重要です。最初は大げさに思えるかもしれませんが、最終的には自分の声だけで見る人に感情を伝えなければならないのですから、ある程度ハイテンションな状態になっても構いません。その状態を瞬時に自分の中で作り出せるようにすることで、本番でもリアリティのあるキャラクターを演じることができるようになっていきます。

>声優オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報