menu

声優のトレーニング、発声練習

一流の声優になるための基礎作り、発声練習が大切

声優のセリフ練習イメージアニメや映画の中のキャラクターに、声という命を吹き込む声優。多くの声優には、それぞれ独特な個性があります。その独自の魅力に憧れて、自分も声優になりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかしながら、そのような個性が発揮できる声優になるためには、声優の基本中の基本である正しい発声をマスターしておかなければなりません。
現在も第一線で活躍する声優さんでも、日々の努力を怠らず、新人の時と同じように発声練習を続けているといわれてます。
そこで今回は、具体的な発声練習の方法や、練習をする際に注意したい点などについて紹介していきます。

 

まずは腹式呼吸をマスターしよう

自分では大きな声でハッキリと話しているつもりなのに、相手にうまく伝わらない・・・と悩んでいる人が多いようです。そういった場合、それは腹式呼吸ができていないことが原因かもしれません。
一流の声優となると、この腹式呼吸を完全にマスターしているため、たとえささやくような小さなセリフだったとしても、声がしっかりと通って聞こえます。
では腹式呼吸の方法ですが、まずは背筋をしっかり伸ばすことからはじめましょう。この時、余計な力をいれないように、適度にリラックスした状態を作ることも肝心です。
次に、口ではなく鼻からゆっくりと息を吸い込んでいきます。そして、その吸い込んだ空気を、お腹に溜め込むようなイメージを持ちましょう。上手く感覚が掴めないという人は、お腹に手のひらを当ててみて、実際にお腹が空気で膨らんでいるかを確認してみてください。
最後に、限界まで空気を吸い込んだと感じたら、今度は口からゆっくりと息を吐き出してください。けっして慌てず、先ほど膨らんだお腹が徐々にしぼんでいくのを確認しながら、全ての息を吐き出していきます。
この動作を自然にできるようになれば、腹式呼吸のマスターです。特に息を吸い込む時に、肩が上がってしまっていたら、まだ腹式呼吸ではないので注意しましょう。

いよいよ発声練習へ

腹式呼吸という、声優にとって必要な基本の呼吸法を完全にマスターできたら、いよいよ本格的に発声練習を開始します。
発声練習の目的は、滑舌を向上させて声の通りを良くすることにあります。声優や俳優の養成所などで本格的に学ぶことができますが、それ以外でも自主練習をしっかりと行っていきましょう。
発声練習の基本となるのが、「あいうえお」という母音ごとに口をはっきり動かして声を出すことです。例えば「あ」と発音する場合、下あごをきちんと開きながら、縦方向に大きく口を開けます。
このように、一音ずつしっかりと意識して発声できるようになるまで、ひたすら練習を繰り返していきます。また、「あいうえお」をマスターしたら、今度は「か行」や「さ行」といった具合に、最終的にはどの文字でもはっきりと聞き取れる発声ができるようになることが求められます。

滑舌を良くする発声練習

腹式呼吸と母音の発音に慣れてきたら、並行して滑舌を良くする発声練習も行っていきましょう。
正しい呼吸法や発音をマスターすることで、ある程度滑舌を良くしていくことはできますが、個人によって発音しにくい言葉というのは、どうしても出てきてしまうといわれます。そういった言葉を少しでも減らしていくためには、繰り返しそのセリフを読む練習をするのが最も効果的です。
特に、多くの人が苦手とする発音を集めた早口言葉にチャレンジするのも良いでしょう。有名な早口言葉としては、「青は藍より出でて藍より青し」や「隣の客はよく柿食う客だ」などがあります。
そのほか、発声だけではなく、口回りのトレーニングをすることで、滑舌がよくなったというケースもあるようです。具体的には、口角の上げ下げを繰り返したり、口の中で舌をグルグル回したりすることで、表情筋がほぐれて言葉が出やすくなると言われています。

発声練習を行う時間帯にも注意

発声練習とは、ただ時間を費やせばいいというものではありません。一気に行うのではなく、毎日コツコツと繰り返し行っていくことが何よりも大切になってきます。特に、間違った発声練習を行っていると、喉を傷めてしまうだけでなく、最悪の場合にはポリープや声帯結節という重大な症状を引き起こしてしまう恐れもあります。
したがって、独学だけで発声練習を進めていくのではなく、養成所のレッスンで学んだ方法をしっかりと取り入れて行っていきましょう。
また、発声練習を行うのに適した時間帯というのもあります。人間は起きてから4時間から5時間程度の時間が経過しないと、体本来の調子が発揮できないといわれています。つまり、発声練習を行うには、起きてから5時間以上経った後で実施するのがベストです。特に寝起きですぐに発声練習をするのは、喉を痛める原因につながります。
こういった理由から、声優のオーディションに参加する時にも、本番でベストな声が出せるように、起床時間を普段から計算する習慣をつけておくと良いでしょう。

>声優オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報