menu

声優のつらいこと、苦労

見えない苦労が多い声優のつらいことって?

声優のつらいこと、苦労声優とは、声だけで演技をする仕事のため、芸能界の一部であるにもかかわらず、これまでは人前に出ていく機会はほとんどありませんでした。
しかし、近年のアニメや海外ドラマブームにより、声優という職業が脚光を浴びたことで、本業の吹き替え以外のイベントの司会やテレビ番組への出演といった華々しい活躍をするようになってきました。特に若い女性声優などは、前述したようにアイドルグループのような活動を行っている場合も多くあります。
こうした華やかな世界に憧れて、自分も声優になりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。もちろんそれは嘘ではありませんが、その一方で声優という職業は人目にはつきにくい裏方ならではの見えない苦労が多い職業でもあります。
今回は声優の仕事をするうえでつらいことや苦労について、いくつか紹介をしていきます。


知名度を得るまでは、苦労の連続

声優は一般的な職業とは違い、年齢制限がほとんどありません。実力さえあれば、いくつからでも始められるメリットがあります。
ただし、それは裏を返せば門戸が広い分、その中での競争が激しいと言えます。
特に最近は、声優を育成する専門学校や養成所が数多く設けられ、毎年沢山の人が声優を目指してこの世界にやってきます。近年は声優の仕事量が増加傾向にあるとはいえ、希望者の絶対数がそれを上回っている以上仕事を勝ち取るのは至難の業です。
声優として働いている人のうち、その一本だけで生活ができている人は、わずか数パーセントだと言われています。つまり、広く世間に認められる声優となるまでの下積み時代には、副業や全く関係のないアルバイトをするなどして、生計を立てていかざるを得ません。
現在、第一線で活躍している声優の中にも、つらい下積み時代を経験しながら実力を高める努力をして、今の地位を築いたという人も少なくありません。

オーディションを勝ち続ける苦労

ひとたび声優になったら、この先も安心!というわけにはいきません。なぜなら、声優の仕事にはずっとオーディションがつきまとうからです。
声優の主な仕事は、アニメや洋画の吹き替えです。これらはそれぞれの役のオーディションを受けて、合格しなければいけません。
つまり、今回の仕事で役をもらえたからといって、別の仕事でも役をもらえるとは限らないのです。次の仕事に進むためには、またオーディションを受けてそれに合格をしなければならないことを頭に入れておきましょう。
抜群の知名度や実力がある声優でしたら、オーディションを受けなくても依頼という形で仕事が舞い込むこともしばしばあります。しかし、それ以外のほとんどの声優は毎回オーディションを受ける必要があるため、常に仕事を獲得するという緊張感を持たなければいけません。
また、毎年有望な新人声優が沢山入ってくるため、それ以上の努力を続けなければ安定して仕事を得ることができないのも声優のつらいところだと言えます。

体調管理にも最大限気を配る

どんな職業にも言えることですが、特に声優という職業は体が資本です。自分の声だけで繊細なキャラクターを演じなければいけないため、喉の調子が少しでも悪くなると仕事にならなくなってしまいます。
また、アニメや洋画の吹き替えの仕事には、大勢の人が関わって一つの作品を作り上げています。そのため、自分の体調不良によって仕事自体をストップさせてしまうと、周囲に迷惑を掛けてしまいます。
声優という職業はスタッフとの横の繋がりがとても重要で、一度信頼を失ってしまうと取り戻すのに苦労すると言われています。したがって、声優には普段から自分の体調をしっかりと管理することが求められます。特に喉はデリケートなため、常に乾燥しないようマスクやのど飴でケアをする、負担のかからない発声方法をマスターするなど、日頃のトレーニングから注意するようにしましょう。

身内を説得する苦労もある

声優は、若い世代の人たちにとってはメジャーな職業に思えるかもしれません。しかし、その親世代にとっては、あまり馴染みのない職業だと言えるのではないでしょうか。また、芸能界に足を踏み入れることに抵抗がある親世代も多く、「声優になりたいと告げたら、反対をされた」というケースも少なくありません。このように、自分の夢をなかなか理解してもらえないといった苦労もあるようです。
声優になるという自分の夢を、身内にも応援してもらいたいのならば、誠意を持って説得にあたるしかありません。しかし、ただ「声優になりたい!」とだけ言っても、将来のビジョンを示さなければ誰にも納得してもらえないでしょう。特にあなたが未成年の場合、オーディションに応募するには保護者の同意が必要になるケースも多くあります。したがって、例えば「声優になるための養成所に入りたい」といった明確なプランを示す必要があります。
また、あなたが成人している場合は、自分で養成所に入るための資金を貯められるぐらい、社会的に自立をしてから声優を目指すというのも一つの方法だと言えます。

>声優オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報