menu

声優に向いている人、適性

あなたは声優に向いている?自分の適正を知ろう

声優に向いている人、適性芸能関係の仕事だけではなく、どんな職業についてもいえることですが、それぞれの仕事には向いている人、向いていない人がいます。これは、スキルや才能の有無で決めるものではなく、個人が持つ性格や考え方など、持って生まれた気質が大きく関係してくる問題だといえるからかもしれません。
近年、若い世代を中心に脚光を浴びている声優という職業ですが、特殊な職業だということもあって、その実態については謎に包まれた部分も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、この声優という職業に向いているのはどういった人なのかについて、その一例を紹介していきます。もちろん、これに当てはまらなければ絶対に声優になれないというわけではありません。


感受性豊かで表現力に長けた人

声優というのは、自分の声ひとつを武器にキャラクターに命を吹き込んだり、正確なナレーションを行ったりして、見る人に分かりやすく伝えていくことが主な仕事です。つまり、それぞれの状況に応じた感情を的確に捉えて表現していくことが求められます。したがって、物事を表現するのが好きな人というのは、それだけで声優に向いた素質があるかもしれません。
しかしながら、さまざまな感情を表現したくても、元々自分の中に感情のバリエーションがなければ、上手く視聴者に伝えていくことは難しくなります。そのため、表現力の高さと同時に物事に対する感受性の高い人も声優への適正があるといえます。
感受性の高さとは、例えば脚本をもらった時にそこに書かれている登場人物の気持ちや性格を的確に読み取れる力だと言い換えることもできます。
この2つのことからも分かるように、感情のインプットとアウトプットを上手くできる人というのが声優に向いているのではないでしょうか。

コミュニケーション能力に長けた人

声優のメインの仕事場となるアニメ制作の現場は、多くのスタッフがそれぞれの仕事に熱意を持って取り組んでいます。つまり声優の仕事は、多くの人に支えられて行われています。少しでも良い作品に仕上げるためには、自分ひとりの力だけでなく、そういった周囲のスタッフと一丸となって試行錯誤していくことが大切です。
そのため、元々人とコミュニケーションを取るのが好きだという人は、仕事場でも馴染みやすく、スムーズに声優としての自分の役割を果たしていくことができるでしょう。
また声優は、現場で監督の指示を受けて即座に演じ方を変更しなければならない事も多いのですが、そういった場合でもコミュニケーション能力が高いと、どんな演技を求められているのかを素早く察知することができるかもしれません。制作スタッフだけではなく、共演者である声優同士のコミュニケーションを取ることで、作品がより深みを増したというケースも十分に考えられます。

一流の声優になるという夢を諦めない意思の強さ

どんな夢であれ、それを実現させるには大きな努力が必要です。つまり、「声優になりたい」という気持ちをずっと持ち続けられる意志の強さがある人は、それだけで声優に対する適正があるといえるかもしれません。
当たり前の事だと思われるかもしれませんが、声優という職業を目指す場合、他の職業よりもさらに意思の強さが必要です。最近では、テレビや雑誌などにも頻繁に声優が登場していることでこの世界に華やかなイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし声優という職業は、一部の人に人気が集中するケースが多く、実際にこの仕事だけで生活をしていける人というのは、業界全体で見るとほんの一握りの層のみです。
つまり、声優としてデビューすることができたとしても、声優の仕事だけでは生活をしていくことができず、他の仕事やアルバイトをして生活費を工面するといった苦労が続く場合が多いです。したがって、「それでも絶対に声優として、いつか成功する」という強い意思を持ち続けられる人でないと、声優としてやっていくのは難しいかもしれません。
また、新人の頃は小さな端役しか仕事がない場合も多いです。下積み時代に腐らずコツコツと積み重ねていける根気がある人は、一人前になっても努力を惜しまないもの。その意思の強さは不可欠のため、声優の適性があると言えるでしょう。

目指す声優によって、適正も変わってくる

声優とひと口にいっても、その仕事内容はさまざまです。したがって、自分が目指す声優によっても向き不向きというのが変わってきます。
例えば、報道番組や企業の商品PRなどを務めるナレーターとして活躍したい場合、その分野について調べることが好きだといった向学心を持っている人が向いています。
一方、バラエティ番組やラジオのパーソナリティも務められるような声優になりたい場合には、人を楽しませるのが好きだというサービス心旺盛な人がいいかもしれません。
このように、自分の性格や気質と相談しながらどんな声優になりたいかを考えていくことも大切です。

>声優オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す“自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報