menu

声優になるには

声優になるには地道な努力が必要!

声優になるには日本のみならず世界的にアニメブームが巻き起こっている昨今、声だけで感情を表現する声優を目指す方も増えてきました。そこには若い世代の方たちだけではなく、すでに社会に出て働いている方も多いのが特徴です。
その理由としては、同じ芸能界でもアイドルやモデル、女優などとは違って、年齢による制約が少ないからという点が挙げられます。しかしその分、芸能界のどのジャンルよりも、声優の世界は実力主義だと言えるのかもしれません。
それでも声優を目指したいという強い意思を持った人に向けて、声優になるにはどうしたら良いのかという方法について、解説をしていきましょう。


声優に必要な基礎スキルをマスターする

これまでの人生において、学校で演劇の舞台に立ったという方は多いかもしれませんが、アニメや海外ドラマの声優のように声の吹き替えをしたという経験はある方はあまりいないかと思います。つまり、テレビで声優の活躍する姿を見て、自分も声優になりたいと思っていたとしても、実際どんな風に台詞を読めば良いのか、どうやって感情を込めれば良いのかといった知識や経験を最初から持っている方は、ほとんどいないというわけです。
したがって、まずはじめに声優になるための養成機関に入所することが一般的なようです。例えば、高校卒業後に入る専門学校やスクールであったり、声優事務所が運営している養成所などが挙げられます。こうした場所で、声優に必要とされるスキルや知識、あるいは声優界独自のマナーなどについて学ぶことがはじめの第一段階です。
声優になるための免許や資格といったものはありませんが、覚えなければならないことはとてもたくさんあります。そのひとつひとつを確実にマスターしていくという地道な努力をしてもなお、まだ声優になれたというわけではありません。
それでは次の項目で、声優になるための第二段階について、説明をしていきましょう。

プロダクションに所属する

専門学校やスクール、養成所に入所したら、当然卒業があります。しかし、こういったところを卒業したからといって、そのまま声優になれるというわけではありません。声優として活動するためには、どこかのプロダクションに所属する必要があります。大御所の声優のなかには事務所に所属せずフリーで活動している方も大勢いますが、新人の場合はプロダクションに所属するのが基本のようです。
では、どうしたらプロダクションに所属できるかですが、大抵のプロダクションは、定期的にオーディションを催しています。そのオーディションに合格することで、晴れてプロダクションに所属することを許されるという仕組みです。
また、プロダクションに所属したからといって、すぐに仕事が殺到するなどということはなく、新人ならではの下積みを経験することになるでしょう。プロダクションによっては、はじめは「仮所属」という形で、1人前の声優としては扱ってくれないというケースもあるようです。

声優はオーディションの連続

現在、声優を目指している方の多くが「アニメキャラクターの吹き替えをやりたい」と考えているのではないでしょうか。日々、さまざまなアニメが放送されていますが、それらのキャラクターを演じている声優のほとんどは、オーディションを勝ち抜いてきた方ばかりです。
つまり、プロダクション所属の声優になれたとしても、そういったアニメの配役オーディションに合格をしなければ、声優としての活動は始められません。意外に思われるかもしれませんが、現在第一線で活躍している声優も、ほとんどの方が作品ごとのオーディションを受け、役を勝ち取っているという現状があります。
アニメは、長編作品や短編作品など放送される期間がそれぞれ違うため、ひとつの作品が3か月で終わってしまうことも珍しくありません。ですので、声優であり続けるためには、頻繁にオーディションを受け続けばければならないということです。
声優になるため、声優として活躍していくためにはオーディションが必ずついてくる、と覚悟したうえで取り組みましょう。

早い段階から声優になるための努力を!

声優になるための一般的なルートについて紹介をしてきましたが、はじめの段階である養成機関に入所する前にも、自分だけでできる努力というものはあります。たとえば、声優に必須ともなる腹式呼吸を早いうちから覚えておくことで、その後のスキルの上達も早くなると言われています。
また、演技に関する勉強としては、普段から本を読み映画を見て、さまざまな感情表現を自分のなかに取り込んでおくことも大切です。アニメの声優がしたいからといってアニメばかりを見るのではなく、全く違う分野にも触れておくと表現力が伸びていくはずです。
そのほかにも、声の通りを良くするために体幹を鍛えるトレーニングや、肺活量を鍛えるエクササイズなど、健康面についても入所前にできる自己管理はたくさんあります。
声優を志すのに遅い年齢というのはなく、社会人としての経験もきっと演技に役立つことでしょう。大切なのは、コツコツとスキルを磨く努力と、「声優になりたい!」という強い意思を持続していくことにほかなりません。

>声優オーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報