menu

 
 

松永祐美 野菜屋さんのトラック

私の住んでいるところの前におじさんがトラックで野菜を積んで売りに来るんです。顔はよくわかんないんですが、私からすると独特の喋り方をするおじいさんで、とってもお買い得なんですー。ほんと、や、すい。
大きなトマトが四つで200円とか。渋っているとさらに安くしてくれます。この地域でこの安さ。破格です。この地域じゃなくても、です。
しかも野菜って重たいじゃないですか。家の近くまで運んでくれるとかそういう意味でも、超画期的で有り難いんですよ。
私の住んでいるレオパレスの賃貸も紹介していない、この裏技が実はこの野菜屋さんのトラックなんです。
しかもシャウエッセンだとか餃子や果物、お饅頭まで、実は何でも屋さんで。今日はさくらんぼ安く売ってていいなと思いました。私は大振りのりんごを120円でゲット。大きいけど美味しいんですよ。
ただ盲点があり、週3といって来ない日があるのです。多分。
しかもいつもうちのアパートの前にトラックを止めてると思ってたのに今日はフェイクか、少し離れたところに泊めていて、あれ、みたいな。おじさん曰く、この辺に止めるみたいな感じらしいです。アバウトなんですよ。少しクラクションのようなものを鳴らしてくれるので来るのは何となくはわかります。もっとアピールしてくれてもいいのになぁなんてこっちは思っているんですが。
野菜屋さん、ものがいい。野菜もみんな新鮮で美味しいんです。
私は夕方も真っ直ぐ帰らないことが多いんですが、いつも空いているときはそろそろ来るだろう6時からは野菜屋さんが来ないか、そわそわしてます。ちょうど母親にも電話したりするタイミングなんで、母親からももちろん知っていて野菜屋さん来たかとか話のタネなんですよ。
野菜屋さんには今後も頑張って欲しいです。今日は、シャウエッセン久しぶりに食べて美味しかったです。そこで買って、早速食べましたー(*^◯^*)