menu

 
 

JJ 他山の石以て玉を攻むべし

数年前「レリゴー」が流行っていましたよね。JJ は何度その歌を聴いても「let it
go」にしか聞こえませんでした。先日、英語のフレーズをマイクで話す人がいる現場に行きました。すごく英語ぽかったんですが、この人英語のネイティヴでは無いなというのは音の置き換え、そして音楽で言うなら音程が半音ずれている箇所がいくつかあったので割と簡単に分かりました。その時思ったのが、もしかするとこれがJJ
が話している日本語なのでは無いかという事。コミュニケーションには困らないけど全体的になんか変わった話し方をする人という印象を与えてしまうのは半音ずれているから。大収穫です。あとは「他山の石以て玉を攻むべし」「人のふり見て我がふり直せ」の諺通り時間はかかるだろうけど少しづつ矯正していく、又はこれをJJ
の個性として成り立たせていく、このあたりの方向性を考えながらどうするか決めていこうと思います。兎に角問題点の原点が分かったという事はとても喜ばしい事です。ご意見、アドバイスを頂ければ幸いです。是非下記までご連絡ください。
〒105-0021
東京都港区東新橋2-18-2 グラディート汐留2F
「AVILLA STAGE 猫田JJ 宛て」