menu

 
 

高草木 淳一 8月6日 99年の愛〜Japanese am ericans〜

8月6日。。広島の悲劇。。
アメリカとソ連の核開発競争の酷い犠牲。
そして、独善的に連合国に争った日本への罰なのか。

このことを再考する機会を与えてくださったのが、

福澤克雄監督作『99年の愛~Japanese americans~』
TBSで2011年に放送されたドラマ作品でした。

20世紀前半~中期に存在した、日系アメリカ人差別と戦う家族の愛の物語です。

アメリカでの大規模撮影もあり、スケールがとてつもなく大きい!

激しい差別が存在したのは知らなかったし、日本人の誇りを胸に命を懸けて戦った人たちがこんなに沢山いたなんて。。。
涙が止まりませんでした。。

第二次世界大戦の話が後半のメイントピックとして扱われてくるので、8月のこの時期に見られたことは平和の尊さや原爆の悲惨さを、改めて噛みしめる事ができたのでとても良かったです。