menu

芸能人・タレントになるには

芸能界に憧れている人、必見!タレントになる方法

芸能人・タレントになるにはテレビや雑誌、数々のイベントなどで活躍する華やかな芸能人に憧れを抱く方は多いのではないでしょうか?しかし、女優やモデル、歌手といった特定の分野の職業を目指すのであれば、専門学校に通ったり養成所に通ったりといった自分なりの努力をすることもできますが、いわゆるタレントと呼ばれるマルチな活動をしている芸能人になる方法というのは、意外と知られていません。
そこで今回は、芸能人のなかでもマルチな活動を行うタレントになる方法をメインに紹介をしていきます。


そもそもタレントってなに?

芸能界という世界はとても大きく、そのなかには数多くの職種やジャンルが存在します。たとえば、女優や俳優、歌手、モデル、お笑い芸人などがメジャーな職種として知られています。これらの職種のようにひとつの分野に特化した活躍を見せる方とは別に、タレントというくくりで活躍をしている方たちも多くいます。
タレントとは、もともと「才能」や「技能」という意味がありますが、日本の芸能界においては、「専門的な分野にとらわれず、多くの方を喜ばせたり、楽しませることができる芸能人」といった意味で使われているようです。そのためトーク番組やバラエティ番組において、タレントの存在は欠かせません。
また近年では、医師や弁護士のように、本業を別に持ちつつ、コメンテーターとして芸能界でも活躍をするという方も多くなっています。こういった方々も、タレントの一種だとして認知されています。

芸能事務所に所属することが、タレントへの近道

では具体的に、タレントとして芸能界で活躍するためには、どのような方法でデビューするのが一般的でしょうか?そのうちのいくつかについて紹介をしていきましょう。
まず最もメジャーなのが、芸能事務所に所属をすることです。芸能事務所の多くは、新しいタレントの発掘にも余念がありません。そのため自社でタレント養成所を運営しているケースが多いです。そういった養成所に入所することで、タレントとして必要と言われているスキルやマナーをマスターすることができるでしょう。そのなかで、自分の才能が認められれば、そのままその芸能事務所に所属するタレントとなることができるかもしれません。
また、最初は女優やモデル、歌手を目指して養成所に入所した場合でも、そこから方向転換をしてタレントになったという方も珍しくありません。
次に、テレビ番組の企画に応募する方法です。東京以外の地方に住んでいるという方も、自分が暮らしている地方のテレビ番組の企画に応募してみるというのも良いかもしれません。現在タレントとして全国区で活躍している方のなかにも、地方での人気を足がかりにしたというケースも少なくないからです。

インターネットやSNSを利用する

最近ではインターネットやSNSを通じて知名度を獲得し、そこからタレントとしてテレビ番組に出演するようになったというケースが増えています。この方法のメリットとしては、最初から自分の思い描いた通りのことができるという点です。また社会人になってからでもすぐに始められ、養成所などに通う費用も掛からないという利点もあります。
しかしながら同時にデメリットも存在します。それは、芸能事務所に所属していないことから、他人のサポートが得られないという点です。スケジュール管理やイベントの催行など、全て自分の手で行わなければならず、タレント活動に集中することが難しいかもしれません。
このほかにも、路上パフォーマンスを見てスカウトされたり、雑誌の読者モデルとしての活躍が認められた後にタレントになったというケースもあるようです。特定の分野に縛られない活躍を見せるタレントだからこそ、さまざまな道が用意されているというわけです。

タレントになるために必要なもの

歌や芸など専門分野を持たないマルチタレントとして成功するには、何が必要でしょうか?
まずひとつめに大切と言われているのが、自分自身の個性です。たとえば思いもよらないような発想力を持っていたり、あるいはファッションセンスやスタイルが突飛だったりといった、ほかの人が簡単に真似できない何かを持っていると、タレントとして活躍できる可能性が高くなります。
またそれと同時に、コミュニケーション能力や話術も必須です。タレントは、人を楽しませることが第一の仕事です。つまり、人を楽しませるには、人から好かれる性質を持っていなくてはならないということです。そのため、人との交流がスムーズにできるかどうかも、タレントの向き・不向きに関係していることを覚えておきましょう。
そして最後に、何にでも立ち向かえるチャレンジ精神です。タレントの多くが活躍するバラエティ番組では、さまざまな企画が行われています。そういった初めて行う物事にも前向きに対処できる柔軟さを持っていると良いでしょう。
その時代の世相によって、タレントに求められる資質は変化します。したがって、時代の流れを読める嗅覚の鋭さを持っていることも、タレントとして活躍していく強みとなります。

タレントに向いている人とは?

芸能界でさまざまな活躍を見せるタレントになるためには、誰からも愛されるようなキャラクター性を備えているかが大切です。そしてキャラクター性の有無というのは、その人が持っている元々の性格や個性に大きく左右されます。では具体的に、どういう性格や個性を持っている人がタレントに向いているのかですが、一番重要になってくるのが、人と話すことが好きな人です。
これは友達や家族といった限られた人々に対してだけではなく、初対面の人とでもすぐに打ち解けられるような会話ができる性格とも言い換えられます。テレビの前には、年齢や性別の異なるさまざまな視聴者がいるわけですから、あらゆる人に好感を持たれる話し好きの人というのはタレントに向いているといえるでしょう。
また、タレントが主に活躍するバラエティ番組などでは、ドラマのようにきっちりと台本が決まっていないケースも多く、タレント自身がその時々で適切な判断をすることもあるようです。つまり、その場の雰囲気を察知できる状況判断力やアドリブ力の高い人というのもタレント向きの性格だといえます。

タレントを目指すために日頃からできる努力とは?

前の項目で述べたように、タレントを目指すには芸能事務所の養成所でレッスンを受けることが有効ですが、養成所に任せっきりというのはよくありません。タレントに限らずどんなジャンルでも、「絶対に夢を叶えてみせる!」という強い決意と覚悟を持ち、日頃から夢に向かって自分なりの努力をコツコツと積み上げていくことが大切です。たとえば自分の個性を際立たせるために、マイナーな趣味や特技を見つけてみるのも、努力のひとつとなるでしょう。また、読書や映画鑑賞を通じて教養を深め、会話の幅を広げることも大切です。タレントというのは、時代によって求められる才能が異なるため、はやりを把握しておくといった情報収集も行うようにしましょう。

>タレントオーディションについてはこちら

オーディション応募概要
募集部門
タレント/モデル/女優/俳優/お笑いタレント/声優/歌手/アイドル/ダンサー
主な所属タレント
山川恵里佳・宇恵さやか・重盛さと美・上野まな・内田菜月・山上愛・椙一元・阪口拓嗣・ミラクルひかる・クリス松村 他、多数所属
応募資格
6~35歳までの男女ならどなたでもご応募が可能です。(※但し、特定のプロダクションとご契約されていない方に限ります。)
応募方法
下記、「オーディション応募フォームへ」ボタンより必要事項をご入力の上、応募して下さい。
注意事項
オーディション日は応募申し込み順となりますので、後日、日程を応募者へお知らせ致します。
レッスンは有料となります。(特待制度有り)

オーディション応募フォームへ


志望ジャンル

芸能界で活躍できるジャンルはさまざま。目指す”自分”が決められない方に、どんなスキルや身に着けて仕事をこなしていくのかご紹介します。

>タレント >モデル >俳優・女優 >歌手 >声優・ナレーター >シニア >子役・キッズ

オーディション情報